学生生活サポート

1 障がい学生サポートルーム

障がいのある学生が他の学生と同じように授業等に参加できるよう、学生の相談に応じ、必要な支援を共に考えていくための窓口です。障がいのある入学希望者は、入試および入学後における必要な配慮について事前に相談することができます。

2 アドバイザー制

入学時に20名程度の学生グループを編成し、原則として同じ教員が4年間、アドバイザーとしてグループを担当します。卒業後の進路を視野に入れつつ、学生一人ひとりにきめ細かな指導を行います。

3 こころの相談

新しい環境での生活、新しい先生や友人との出会い。大学生活はそれまでの生活と大きく異なり、自己責任も大きくなります。また、学業や友人のこと、将来への不安など、悩みや迷いを抱えてしまうこともあるでしょう。本学では、臨床心理士の資格をもつ教員や外部カウンセラーが、様々な悩みの相談を受け、学生生活がスムーズに送れるようにサポートしています。

4 奨学金

学ぶ意欲が旺盛な学生の学習支援や経済支援のために、各種奨学金制度が用意されています。 各種奨学金制度について

5 アルバイトの紹介

学生支援センターが仕事内容や待遇を検討し、学業に支障がないと判断した求人を掲示しています。

6 住居の紹介

親元を離れての一人暮らしにおいて不安がないように、学生支援センターではアパートや下宿を紹介しています。月額家賃の相場はバス・トイレ付のワンルームで4万円から5万円程度です。

7 学院寮(中高大女子寮)

女子寮は学院の敷地内にあり、中学生、高校生、大学生が共同生活をしています。大学生は1人部屋です。部屋にはベッド、学習机、ロッカーが備え付けてあり、冷暖房も完備しています。

<月々の費用(合計59,000円)>
  • 寮費 ・・・ 36,000円(月額)
  • 食事 ・・・ 23,000円(朝夕2食・月額)
<その他経費>
  • 入寮費 ・・・ 30,000円(入寮時のみ)
  • 管理費 ・・・ 10,000円(年額)

ボイス(学生の声)

甲斐 美優さん
返還義務のない奨学金のおかげでアルバイトに時間を費やすことなく学業やボランティアに打ち込めています
甲斐 美優さん
人文学科こども専攻 児童教育コース 3年次生 / 熊本県 大津高校出身

小学校教諭になるのがルーテルへの進学目的でしたが、返還義務のない「九州ルーテル学院大学奨学金」があるのも大きな魅力でした。その選考には学業成績も加味されるため、入学早々から勉強に励んだ結果、1年次と2年次の2年間にわたり、授業料の50%が給付されました。親への経済的な負担が軽くなったことはもちろん、アルバイトなどに時間を費やさず、しかも給付の継続をめざし、自ずと勉強を頑張るようになれたのも良かったと感じています。これからも学業と自閉症児支援のボランティア活動に力を注ぎ、将来を担う子どもたちの成長を支える小学校教諭になることで、ルーテルの建学の精神「感恩奉仕」を実践しようと思っています。

トピックス

留学生と一般学生の交流も積極的に推進しています

就職活動や生活支援のほか、「学生支援センター」では海外からの留学生への様々な支援も行っています。このなかには地域との交流推進もあり、コミュニケーションサポーターとして加わる学生たちは、貴重な国際体験を得ています。