キャリア・イングリッシュ専攻 キャリア・イングリッシュ専攻1 キャリア・イングリッシュ専攻2

CurriculumOverviews

  • アドバンスト・イングリッシュ・コミュニケーション

    10名程度の少人数クラスにより、専任の英語ネイティブスピーカー教員が週3回、2年間にわたり、スピーキングとリスニングのスキルを演習形式で実践的かつ丁寧に指導し、徹底的に強化していきます。

  • エアライン講座

    現役・元キャビンアテンダントをはじめ、自己分析キャリアカウンセラーなどをゲスト講師に迎え、エアラインへの就職に直結する英語と日本の正しい話法や職業観などを実践的かつ体験的に学びます。

  • 小学校英語フィールドワーク

    小学校5・6年生での外国語活動が必修になって以降、その指導者が求められています。この科目では実際に小学校を訪れ、アシスタントとして外国語活動を体験しつつ、児童英語の指導法を実践的に学習します。

  • 英語で学ぶ時事問題

    倫理、共同体、環境などを検証する討論を通じ、他の学生と協働しながら自身の意見を全て英語で述べあう授業。資源の需給と消費、貧困や難民、軍拡といった世界規模の問題についても意見を交わし、世界市民としての自覚を育みます。

希望に応じて選べる6コースにより目標とする進路に向かって学び進める

特色

徹底した少人数教育により使える英語力と情報処理能力を身につけていきます

  • めざす職業に直結する6つの履修モデルがあります。英語は1年次から習熟度別の少人数(5名~20名)クラスで学び、専任教員の丁寧な指導を受けます。さらに海外での体験学修や留学によって生きた英語を学び、国際人としての基礎を磨きます。ゼミでは教員との双方向の議論や研究を通じて思考を深め、就職活動まで手厚くサポートします。
目標

グローバルな活躍をめざします

  • 卒業までにTOEIC®700点以上の英語力を身につけることを目標にしています。さらに英語教育や国内外のビジネスシーンに活かせる高度な英語力を身につけ、グローバルな人材になることをめざします。あわせて産業界が求める情報処理能力や情報リテラシーの修得と共に、情報処理検定試験の資格取得をめざします。
資格
所定の科目の修得により次の資格が取得できます
  • 中学校・高等学校教諭一種免許状(英語)
  • 小学校教諭一種免許状
  • 特別支援学校教諭一種免許状(知的障害者)(肢体不自由者)(病弱者)
  • 小学校英語指導者資格(J-SHINE認定資格)

※ 中学校・高等学校教諭一種免許状(英語)の取得を条件として、
  小学校教諭一種免許状または特別支援学校教諭一種免許状のいずれかを取得できます。

取得できる資格についてはこちらをご確認ください。

近年の主な就職・進学先

進路が決まった学生の4年間

ルーテルで英語力はもちろん
人間力も豊かに育まれたことで二人そろってJALのCAに!!

池田 友子さん
日本航空 客室乗務員
池田 友子さん
人文学科 キャリア・イングリッシュ専攻 2017年3月卒業
アクセンダ・スクール・オブ・マネジメント(カナダ)修了
熊本県 熊本北高校出身

[取得資格] ●TOEIC ●TOEFL iBT ●英検準1級

英語科に入学、英語劇や英語合宿など“English Only”なイベントも多く、楽しかったです。

カナダのビジネス系短大に入学。英語で専門科目を学ぶ壁は厚く感じたけれど、“成すべきことを成す”という心の強さが養えました。

カナダでの生活にも慣れ、日本でCAになるなら英語力がアピールできると考え、帰国とルーテルへの3年次編入学を決めました。

CAをめざすためルーテルでの学びがスタート。同級生たちの英語力が思いのほか高く、日常的に話すことで、私も英語力を維持することができました。

カナダ発ルーテル経由でJALのCAに。どちらの2年間も充実していたけれど「母校は?」と聞かれたら「ルーテルです!!」と答えます。

高 愛美さん
日本航空 客室乗務員
高 愛美さん
人文学科 キャリア・イングリッシュ専攻 2017年3月卒業
熊本県 第一高校出身

〈取得資格〉
●TOEIC ●ビジネス電話検定 ●秘書検定 
●Excel表計算処理技能検定 ●Word文書処理技能検定 
●コミュニケーション検定

約3週間のニュージーランド短期留学を経験、「英語を使う仕事がしたい」と思うようになってルーテルへ。

ルーテルのアットホームな雰囲気が心地よく、勉強が楽しめたことで英語力が急上昇。資格取得に向けた勉強も頑張りました。

父のルーツがある韓国のことをもっと知ろうと考え、英語に並行して韓国語も学修。CAを意識し始めたのもこの頃です。

日英韓の“トリリンガル”をめざして韓国に6カ月ほど留学。帰国後のエアライン系インターンシップを通じ、CAが“本気”の目標になりました。

アクストン先生のゼミで鍛えられ、第1志望のJALにCAとして採用されました。池田さんと一緒に搭乗する日に向かって今後も頑張ります!!

ケビン・アクストン准教授
Supporter
准教授 ケビン・アクストン
人文学科 キャリア・イングリッシュ専攻

キャリア・イングリッシュ専攻では、英語を使う企業への就職を希望する学生のためにTOEICなどの英語資格取得を支援する講座を提供しています。また、大学生活を通して、語彙や文法の知識だけではなく、本物の英語運用能力を身につけることができるようにします。