こども専攻 保育コース

こども専攻保育コース こども専攻保育コース1 こども専攻保育コース2

CurriculumOverviews

  • 児童家庭福祉

    子どもや子育て家庭の養育力を支える施策についての学びや、喫緊の課題と考えられる子育て支援、障害児支援、社会的養護や虐待問題など身近な問題から支援のあり方を考えていきます。

  • 保育の表現技術

    保育技術としてのエプロンを用いた人形劇やパネルシアターの作成、グループで鯉のぼりやカラービニールでの創作劇など、保育実践に役立つ演習を中心とした授業です。

  • 保育実践演習

    「こどもフェスティバル」でのオペレッタ発表につなげる授業です。オペレッタの台本から舞台衣装、小道具、大道具の制作から実際のオペレッタの表現活動に取り組みます。

  • 保育実習Ⅰ

    保育所の生活に参加し、乳幼児への理解を深め、保育所の機能とそこでの保育士の役割などについて学びます。また、児童福祉施設の役割や機能を現場の実践から具体的に学びます。

こども専攻保育コースでは。豊富な実践から学び、発達支援(子育て支援や特別支援)のできる保育士・幼稚園教諭をめざします。 キリスト教保育の精神を基礎に、ルーテル系施設などと連携して豊富な実践を学び、保育士資格と幼稚園教諭一種免許状の取得をめざします。 また、幼稚園教諭一種免許免許状を基礎免許として、特別支援学校教諭一種免許状(知的障害者)(肢体不自由者)(病弱者)免許状取得もできます。
☆注意☆
こども専攻 保育コースは、小学校教諭一種免許状の取得はできません。

幼稚園教諭一種免許状と保育士資格の違いって???
保育士とは・・・
厚生労働省管理、児童福祉法に規定される「児童福祉施設」で働く人。保育士資格は専門学校・短大・大学を出て卒業時に自動的に取得するか、年一回の資格試験を受験して合格すれば取得できます。
幼稚園教諭とは・・・
文部科学省管轄、学校教育法に規定される「学校」で働く人。幼稚園教諭免許状は同じく専門学校・短大・大学を卒業して必要単位を取得した上で授与されます。
特色

“こども”を深く学ぶ4年間

  • 社会人基礎力の修得に向けて、まずは幅広い知識と教養を身につけます。保育、幼児教育、特別支援教育に関連する専門科目の修得後は現場での実習機会を豊富に設け、多様な子どもや場面に対応できる人材に成長していきます。これらの集大成として、保育の総合力が身につく「オペレッタ(こどもフェスティバル)」の発表に取り組みます。
目標

“こども”に関する専門職に

  • 保育者としての専門性と豊かな人間性の育成をめざすとともに、子ども関連の専門職にふさわしい能力と知識を身につけます。保育園、認定こども園、児童福祉施設、幼稚園、子育て支援センターなどの他、大学院を経ての研究者や子ども向けの英語講師、離乳食や玩具、育児・絵本系出版社といった子ども関連企業での活躍も目標にすることができます。
資格
"こども"関連のさまざまな資格・免許を所定の科目の修得により取得できます
  • 保育士
  • 幼稚園教諭一種免許状
  • 特別支援学校教諭一種免許状(知的障害者)(肢体不自由者)(病弱者)

取得できる資格についてはこちらをご確認ください。

ピアノ未経験の私でしたが
先生方の丁寧な指導のおかげで目標が叶えられました

嶋田 実紗さん

九州ルーテル学院大学付属黒髪乳児保育園 保育士
嶋田 実紗さん
人文学科 こども専攻 保育コース 2017年3月卒業
熊本県 必由館高校出身

[取得資格]
●保育士 ●幼稚園教諭一種免許状 
●特別支援学校教諭一種免許状
(知的障害者)(肢体不自由者)(病弱者)

剣道部に所属、厳しい稽古を乗り越えて九州大会に出場しました。保育園か幼稚園に就職しようと考え、ルーテルに進むことにしましたがピアノの経験はゼロ。入学前は不安でした。

まったくの未経験で不安いっぱいだったピアノは先生の丁寧な個別指導を受け、放課後の自主練習も続けたので少しずつ弾けるようになりました。授業には手遊びなどもあり、保育コースの勉強の楽しさを知ったのもこの頃です。

実習で保育職の現場を初めて経験。並大抵の覚悟では務まらない仕事だと知ると同時に、将来に向けて学修意欲が高まりました。毎週金曜、発達障がいのある子どもの学習支援などを行う活動にも加わり、いろんな気づきを得ていきました。

保育園や幼稚園を訪ね、自作のオペレッタを公演する活動のリーダーに。脚本から衣裳まで、すべてオリジナルの舞台を創作する過程から、多人数がひとつにまとまることの難しさを痛感しましたが、とても良い経験が積めました。

保育士か幼稚園教諭か、ずっと迷っていました。保育士として働くことの決め手になったのは、日常的にお手伝いをしていた黒髪乳児保育園(就職先)の子どもたちとのふれあい。採用が決まった日のうれしさを今後も忘れず、春から保育に励みます。

三井 真紀准教授
Supporter
准教授 三井 真紀
人文学科 こども専攻 保育コース

保育の世界が多様化し、色々な子どもに寄り添える保育者が求められています。4年間、常に保育のアンテナを張りながら多角的に学んだことは必ず力になるでしょう。保育を一生の仕事として誇りに思い、プロとして巣立つ学生を応援しています。