人文学部心理臨床学科 精神保健福祉コース

心の病をもつ人の生活を支援する国家資格・精神保健福祉士取得をめざす

特色 心の病をもつ人の生活や自立を支援する精神保健福祉士の専門的な知識と技術を修得します。教育現場の不登校などの課題に取り組むスクールソーシャルワークについて学べるのも、このコースの特色のひとつです。
目標 精神保健福祉士としての資質を備えることが第一目標です。その学びから心の病をもつ人に寄り添うための知識とスキルを身につけ、SW(ソーシャルワーカー)として、病院や地域社会での貢献をめざします。
資格
所定の科目の修得により次の資格が取得できます
  • 特別支援学校教諭一種免許状(知的障害者)(肢体不自由者)(病弱者)
  • 精神保健福祉士(国家試験受験資格)
  • 幼稚園教諭一種免許状
  • 小学校教諭一種免許状
  • 中学校・高等学校教諭一種免許状(英語)
  • 高等学校教諭一種免許状(公民)
  • 認定心理士

※幼稚園教諭一種免許状、小学校教諭一種免許状、中学校・高等学校教諭一種免許状(英語)、高等学校教諭一種免許状(公民)のうち卒業時に取得できるのはいずれか1つの免許状です。
※精神保健福祉士(国家試験受験資格)の取得をめざす場合、教職課程は履修できません。

取得できる資格についてはこちらをご確認ください。

養成課程
以下の養成課程を設置しています
  • 一般社団法人日本社会福祉士養成校協会認定
    「スクール(学校)ソーシャルワーク教育課程」

※本学では精神保健福祉士の資格取得と併せて履修することができます。

進路が決まった学生の4年間

精神保健福祉士になる春からも
観察上手・傾聴上手を心がけ 辛い思いの方々を支えます

村上 美沙樹さん
医療法人 回生会 山鹿回生病院
村上 美沙樹さん
心理臨床学科 精神保健福祉コース 2016年3月卒業
熊本県 玉名高校出身

[取得資格] ●精神保健福祉士

進路を考える授業で精神保健福祉士(PSW)が「なにをする人か」を知り、資格が取得できる大学を調べて見つけたのがルーテル。迷うことなく進学を決めました。

初めてふれる心理学、とても奥深くて楽しくて、気づけば学びに没頭する毎日。周囲の人との関係性を自分なりに分析するなど、目標とする精神保健福祉士としての活動を意識しながら、心理学の応用を試すこともありました。

1年次から取り組むサークル「ダウン症支援部」のグループリーダーに。現場での実践につながる療育活動の支援に励む一方、保護者の方々や顧問の先生との連絡や事務仕事などもあり、社会人基礎力が養われていったように思います。

前期の間に週2回、地域活動支援センターでボランティアをさせてもらいました。精神疾患の方にふれるのは初めての経験、緊張や戸惑いもありましたが、さりげなく寄り添っておられた精神保健福祉士の方々のプロフェッショナルな姿に感銘を受けました。

実習、試験、国試対策、卒論……濃密な1年を乗り越え、精神保健福祉士として病院に就職できるのは、先生方の手厚いサポートがあってこそ。観察上手・傾聴上手を心がけ、辛い思いをされている方々の良き支援者になるのが春からの目標です。

岩永 靖准教授
Supporter
准教授 岩永 靖
心理臨床学科 精神保健福祉コース

ルーテルの特徴の一つにボランティアなどの現場体験があります。現場体験では人にかかわり、その中での気づきを講義の中で深め、講義で得た知識を現場体験の中で活かしていきます。そしてそのことは学生の皆さん一人ひとりが持っている感性を豊かにしていくプロセスだと思います。そのような感性を土台に精神保健福祉士として大きく成長していってくれることでしょう。