人文学部心理臨床学科

学生一人ひとりの多様なニーズに応え、教育や福祉、医療をふくむ幅広い視点から人間の"こころ"を深く学びます。

心理臨床学科 学科長 / 教授 和田 由美子

 本学の心理臨床学科では「心理学」、「特別支援教育」、「精神保健福祉」の3つを組み合わせながら学びます。その特徴は教育や福祉、医療を含めた幅広い視点から人間のこころを学ぶことができるということにあり、他の大学では類をみない試みでもあります。
 その中で「自分のことを深く理解したい」、「日常生活や職場に心理学の知識を活かしたい」、「心理学を本格的に学びたい」など、学生自身がもつ様々なニーズに応えるために、個性豊かな教員がユニークな視点から講義・演習・課外活動を展開しています。
 こうした学びや多くの実体験の中から、自己や他者をより深く温かく理解し、共に問題に立ち向かっていこうとする人間実のある教養にあふれた人材を養成します。
また、更なる専門性を求めて大学院進学を目標とする学生には、大学院入試突破のための支援も積極的に行います。
 基礎から深い専門性まで、少人数教育の本学だからこそできる教育プログラムを体験してみませんか。飛躍のためのステップを、ぜひ自らの手でつかんでください。

  • 心理学コース
    心理学コース
  • 特別支援教育コース
    特別支援教育コース
  • 精神保健福祉コース
    精神保健福祉コース
心理学・特別支援教育・精神保健福祉という3つの専門性と臨床実践や応用を意識し学びを発展させていく充実した4年間

特色ある科目

  • 心理査定法

    臨床の現場で多く用いられている心理検査を学び実際に検査者、被検者として体験する。検査の実施方法と結果の解析について理解を深める。

  • 発達障害者の心理

    障がいのある人の心理特性等を学ぶ。障がいの発見とその受容、保護者や彼らを取り巻く人々を理解・支援するための知見も得る。

  • 精神保健福祉援助実習

    心の病をもつ人の治療や支援を行う病院や施設で行う6週間の実習。現場の精神保健福祉士の実践から、その役割やあるべき姿を学ぶ。

4年間の学びの流れ