人文学部心理臨床学科

学生一人ひとりの多様なニーズに応え、教育や福祉、医療をふくむ幅広い視点から人間の"こころ"を深く学びます。

心理臨床学科 学科長 / 教授 和田 由美子

和田由美子学科長

 心理臨床学科では「心理学」、「特別支援教育」、「精神保健福祉」の3つを組みあわせながら学びます。その特色は教育や福祉、医療を含む幅広い視点から人間の“こころ”を学べる点にあります。また、教育や医療、福祉の実務経験豊富な教員をはじめ、さまざまな領域で活躍している教員たちが現場での体験を活かし、実践力が身につく講義・演習を展開しています。加えて、建学の精神である「感恩奉仕」にもとづくボランティア活動が盛んであることも、対人援助職に必要な態度の涵養に役立っています。さらなる専門性を求め、大学院をめざす学生には、進学に向けた支援も積極的に行っています。基礎から専門まで、少人数教育の本学だからこそできる教育を体験してみませんか。

  • 心理学コース
    心理学コース
  • 特別支援教育コース
    特別支援教育コース
  • 精神保健福祉コース
    精神保健福祉コース
心理学・特別支援教育・精神保健福祉という3つの専門性と臨床実践や応用を意識し学びを発展させていく充実した4年間

特色ある科目

  • 心理査定法

    臨床の現場で多く用いられている心理検査を学び実際に検査者、被検者として体験する。検査の実施方法と結果の解析について理解を深める。

  • 発達障害者の心理

    障がいのある人の心理特性等を学ぶ。障がいの発見とその受容、保護者や彼らを取り巻く人々を理解・支援するための知見も得る。

  • 精神保健福祉援助実習

    心の病をもつ人の治療や支援を行う病院や施設で行う6週間の実習。現場の精神保健福祉士の実践から、その役割やあるべき姿を学ぶ。

4年間の学びの流れ