教職過程情報公開

教員の養成の目標及び当該目標を達成するための計画に関すること

学部

〈養成する教員像〉

 教員免許状は、学科・専攻の専門の学びに教職課程の学修を加えることによって取得できるようになっています。
 本学は人文学部に人文学科と心理臨床学科の2学科を有しており、学科・専攻の専門的知識・技能の修得にあわせて教職関係科目を学修します。
 教育現場でのボランティア活動や体験学修を重視しており、理論と実践を絡めながら教職教育は進められます。人文学部としてのリベラルアーツ(豊かな教養)を基礎に人間味豊かで、特別支援学校教諭免許状等も取得するなど、現代の教育課題に柔軟に対応できる実践力を備えた教員志望の学生を養成します。

特徴的な取組み
  1. 「教師力演習」・「チャイルドケア・ゼミ」の履修
     教職課程履修のための導入科目として、1年次に小学校・中学校・高校教諭免許状希望の学生は「教師力演習」を、幼稚園教諭免許状希望の学生は「チャイルドケア・ゼミ」を必ず履修しなければなりません。教育現場の第一線で活躍中の現役の先生方や、教育委員会の担当者、先輩教師などを講師に、教職とは何か、教職の意義、教師のやりがい、教師に求められる資質・能力、教師として必要な心構え、あるいは、教員採用試験の現状など学修し、2年次以降の学生生活の送り方などについて考えます。
  2. 観察実習や現場体験学修
     小学校教員を目指す学生が、2年次に出身小学校で1週間、先生方の1日の活動や、児童との関わり方、授業の展開等について、児童とふれあいながらじっくりと観察実習をします。
     幼稚園教諭免許状希望の学生は、2年次にルーテル系幼稚園で現場体験学修をします。
  3. ボランティア活動
     学習支援ボランティアとして、小学校や中学校で支援の必要な児童・生徒の学修をサポートします。一つの学校に定期的に長期間活動を続けます。教育委員会が実施する長期休暇中の学習キャンプ等の指導員や、放課後学習教室の指導員などとして様々なボランティア活動を体験します。また、特別支援学校教諭免許状希望者は1年、2年、3年次に特別支援学校で学校行事等の支援ボランティアを体験します。
〈各年次における目標及び計画〉
一年次

 教職についての意義を学び、教育者としての使命感や、教職への意欲、態度を育成するとともに、今後の学生生活のプランを確立する。

二年次

 講義と体験を通して教師としての基礎的な力をつける。

三年次

 幼稚園教諭免許状希望者は「幼稚園教育実習」、小学校教諭免許状希望者は「教育実習」で、中高教諭免許状及び特別支援学校教諭免許状希望者は様々な体験を通して実践力を身に付ける。

四年次

 「幼稚園教育実習」や「教育実習」、「教職実践演習」等を通して、教師に求められる資質・能力を振り返り、自らの課題を解決する。

大学院

〈養成する教員像〉

 本学大学院の学生は、学校、幼稚園/保育所等の現職者が多く、、日々の教育・保育実践における特別な支援が必要な幼児児童生徒(以下、当該幼児児童生徒)への的確な支援にかかる高度な特別支援教育の学びを求め、研鑽を積んでいます。
 これらの実態を踏まえ、本学大学院においては、特別支援教育の最新の理論や研究に基づく知見を、学生が持つ臨床フィールドをベースにした豊富な実践の場を活用して体験的に融合し、高度な判断力と洞察力、実践力を有した教育者を養成します。

〈各年次における目標〉
一年次

 各障害種の心理・生理・病理、及び教育課程・指導法にかかる国内外の最新の研究を精読し、得られた高度な知見を教育・保育実践に活用することで、学生自身のこれまでの教育・保育等の経験から得られていた知見を学術的に再構築するようにします。

二年次

 一年次からの学術的再構築の基盤の上に、高度な専門性と実践力を有する特別支援学校の教師としての指導・支援力、課題解決力、教材開発力を身に付けるとともに、高度専門職として組織のコーディネート力も高めるようにします。