「さらに深く”こころ”を学ぶ」をテーマに人間心理とその障がいを深く理解して支援する高度専門職業人を養成
佐藤 静一研究科長
発達障がい学と心理臨床学の2領域から知見を深めスキルを高める

人文学研究科長 / 教授 一門 惠子

本研究科は、人間の心理とその「障がい」について深く理解し、望ましい支援のできる高度専門職業人の養成をめざしています。その教育特徴は、本学・心理臨床学科をはじめとする大学4年間で得た知見をさらに深めるために「発達障害学領域」と「心理臨床学領域」の2領域を設定していることにあります。
「心理臨床学領域」では、学校現場でおきる不登校やいじめ等諸問題の解決方法研究を主軸に、さまざまな情緒的問題を抱える人たちへのカウンセリングに関する高度な理論や技術を習得していきます。
このような本研究科は、学部・学科での学びを発展したい人はもとより、医療や教育の現場で活躍中のプロフェッショナルが、さらなるスキルアップを求める場としてもふさわしく、教授陣一同、大志ある人々との出会いをお待ちしています。

  • 大学院について
  • 専任教員/配置
  • 入試要項

ボイス(修了生の声)

西岡 絹代さん
同じ目標に向かう仲間との出会い
西岡 絹代さん
大津町立 大津保育園保育士

 長年、就学前教育に携わる中で、クラスの中に気になる子どもが増えてきていると感じ、「専門的知識や理論に基づいた支援に基づいた支援がしたい」と思い、大学院の門を叩きました。
 仕事をもちながら、授業に間に合うように通学することは大変でしたが、先生方は温かく迎えてくださり、最新かつ深い専門知識を学ばせてくださいました。修了して一年が経ちますが「もっと学びたい」というのが正直な気持ちです。
 色々な職種・幅広い年齢の仲間とのディスカッションでは、学ぶ意欲がさらに膨らみ、頑張る力をもらいました。現在も仲間と集まって情報交換をしたり、今後やりたいことを話したりして士気を高め合っています。修了後も親身に相談に乗ってくださる先生方の下で学べたこと、同じ目標に向かって語り合える仲間に出会えたことは私の宝です。

ボイス(在学生の声)

宮本 淳一さん
”学び”は最高の趣味
宮本 淳一さん
熊本市立 長嶺中学校教諭

 特別支援学級の担当として、いろいろな子どもたちとの出会いの中で、より深く子どもたちの思いを理解・共感したいと常に考えてきました。そんな中、新聞広告によって本学のことを知り、自分のニーズに合う最適な”学びの場”だと感じ、入学を決意しました。
 人間の日々の営みを心理学という視点から概観できる大学院での講義はどれも興味深く、新しい”学び”への意欲を強く刺激してくれます。現在の自分を超えて、常に新しい自分を創造し続けていける喜びを感じています。
 私にとっての”学び”は最高の趣味であり、その機会を与えていただいた九州ルーテル学院大学大学院の先生方や仲間の皆さんにとても感謝しています。