HOME - おしらせ - 本学教員が日本心理臨床学会でワークショップを行いました

おしらせ

本学教員が日本心理臨床学会でワークショップを行いました

本学心理臨床学科の有村達之学科長が、山口県下関で開催された日本心理臨床学会春期大会ワークショップで「慢性疼痛に対する認知行動療法」について約100名の参加者を対象にワークショップを行いました。日本心理臨床学会は会員数約26000人の日本最大の心理学関連学会です。