HOME - おしらせ - インファント・リサーチを始めました

おしらせ

インファント・リサーチを始めました

 これまで見えてこなかった乳児(インファント)の心のはたらきを明らかにしようと、さまざまな大学が研究に取り組んでいます。久崎研究室でも、乳児の自己意識の実態に迫ろうと調査をはじめました。1歳半には自分の鏡の姿を自分だと認識し始めますが、それよりもかなり前から乳児は自己に敏感になっている可能性が言われています。自分自身への気づきがあるから他者の心への気づき・理解も生まれてくると発達心理学では考えらていますが、まだそのような発達過程の存在は明らかにされていません。今回の調査は1歳児を対象とした自己への敏感さを刺激映像を使って捉えようとするものですが、ゆくゆくはさらに時間を経て追跡して、他者の心の理解にも影響を及ぼしているのか、親子のやりとりの影響を受けているのかを調べていきたいと思っています。募集についての詳細は下記の募集案内をご覧ください。
 このような研究に関心のある保護者の方々(10~14ヶ月のお子様のいらっしゃる方)の応募をお待ちしております。

announcement.pdf (参加者募集案内)

!cid_6CB758BDC42148F0A4138782E387AE3E@hisazakiPC.png  !cid_6078A12409B4459682D245ED021876B1@hisazakiPC.png
     調査室の様子①         調査室の様子②