HOME - おしらせ - 河田教授が小学校特別支援教育校内研修の講師を務めました

おしらせ

河田教授が小学校特別支援教育校内研修の講師を務めました

5月31日(水)、河田教授が宇城市豊福小学校の特別支援教育研修の講師を務めました。

 研修では、まず昨年度まで県教育委員会の研究指定校として「ユニバーサルデザインの視点をもとにした算数の授業の工夫・改善」に取り組んだことによって、児童たちが「わかった」「できた」「楽しかった」を実感し、互いに高め合うことが促されたことを振り返りました。

 その上で講話では、豊福小学校がユニバーサルデザインの視点に立った授業づくりの中核に据えた「視覚化」「焦点化」「共有化」を深化する基盤として、児童の「思い」に寄り添うことの重要性を示唆し、一斉指導における合理的配慮、言葉かけのユニバーサルデザインの探求の必要性などについてふれました。