HOME - おしらせ - 日本ダウン症協会熊本支部の運動会でダウン症支援部の学生が活躍しました

おしらせ

日本ダウン症協会熊本支部の運動会でダウン症支援部の学生が活躍しました

6月11日(日曜日)に公益財団法人日本ダウン症協会熊本支部の運動会が熊本県身体障がい者福祉センター体育館で開催され、本学のダウン症支援部の学生が参加しました。

ダウン症支援部には1年生から4年生まで84名の学生が所属していて、河田教授の指導の下、毎週土曜日に当該団体の療育活動の全面支援を行っています。活動は対象年齢順に、もも(乳児)、あか(幼児)、あお(小学生)、き(中学・高校生)、みどり(青年・成人)の5グループがあり、学生は各グループ15名程度に分かれて支援にあたっています。また、毎週の療育活動とは別に、季節行事として、運動会(6月)、療育キャンプ(8月)、クリスマス会(12月)の企画・運営にあたります。

昨年度は熊本地震の影響で中止となりましたが、今年の運動会は天候にも恵まれ、当該児・者が真剣に競技に取り組む姿や笑顔に包まれた応援の中、盛会のうちに終了し、帰りにはたくさんの「楽しかった」との声が聞こえていました。

学生は、当該児・者、きょうだい児、そして保護者の皆さんにも楽しんでもらえるように準備の段階からたくさんの制作物を作成し、競技内容についての話し合いを積み上げ当日に臨みました。一人一人の学生が参加者のことを思いセッティングや競技の進行をしたり、一緒になって応援している真摯な姿に大きな感動を覚えました。

なお、当日のトピックは613日(火曜日)の毎日新聞及び614日(水曜日)の朝日新聞にも掲載されていますので、ご覧いただければ幸いです。

 ??????170611-1.jpg    ???170611-2.jpg
    運動会の様子          運動会プログラム