HOME - おしらせ - 障がいのある学生の修学支援に関する講演会のご案内

おしらせ

障がいのある学生の修学支援に関する講演会のご案内

大学、短期大学、高等専門学校等が、障がいの有無にかかわらず、多様な学生が学べる環境を整備することは、新しい「価値」の創出につながるのではないか。このような障がい学生支援のもつ積極的意義を、地域の方々とともに考えようというイベントです。

 チラシ&申込用紙 サポート講演会チラシ.pdf

 申込はメール supportアットklc.ac.jp でも受け付けます。
        (アットには半角@を入れてください)

【講演会概要】

1 日 時 2017(平成29)年12月9日(土曜日)13時から16時15分(予定)

2 場 所 九州ルーテル学院大学 チャペル
            (熊本市中央区黒髪3-12-16)

3 内 容 第一部 講演

      第二部 学生企画シンポジウム

4 主 催 九州ルーテル学院大学

5 後 援 熊本県教育委員会、熊本市教育委員会

6 対象者 どなたでもご参加いただけます

7 参加費 一般500円(資料代)、学生無料

8 情報保障 手話通訳と要約筆記を用意します。

 

 

【第一部 講演】 13:00~14:30

・演題 障がい学生支援が高める大学の「価値」

    ―文部科学省「障害のある学生の修学支援に関する
    検討会報告書(第二次まとめ)」を基に―

・講演者 筑波技術大学障害者高等教育研究支援センター
     准教授 白澤 麻弓 氏

<学 歴>
筑波大学大学院博士課程心身障害学研究科修了。博士(心身障害学)

<著書・学術論文>
『海の向こうに行ったら日本が見えた:米国先進大学に学ぶ聴覚障害学生支援』(2015年)他多数。

<社会貢献活動>
日本聴覚障害学生高等教育支援ネットワーク(PEPNet-Japan)事務局長

厚生労働大臣公認手話通訳士

文部科学省「障害のある学生の修学支援に関する検討会」委員

日本手話通訳士協会「手話通訳士国家資格化検討委員会」委員

<受賞歴>
「内閣府バリアフリー・ユニバーサルデザイン功労者表彰内閣総理大臣賞(日本聴覚障害学生高等教育支援ネットワーク(PEPNet-Japan)として受賞)」(2014年12月)等

【  休 憩  】 14:30~14:45

 

【第二部 学生企画シンポジウム】 14:45~16:15

■テーマ 私たちが生み出す「価値」―自立の姿と共生社会―

■司会/シンポジスト 九州ルーテル学院大学在学生

■ファシリテーター  九州ルーテル学院大学教員

■内容

 ・大学での体験、学び、成長

 ・どのように学んでいるか(自分なりの工夫、支援の利用、支援について考えること) 

 ・これからの展望 (卒業後に目指す姿、送りたい人生、社会への貢献) 

 ・学生が生み出す「価値」は何か

 

【問い合わせ】

九州ルーテル学院大学 障がい学生サポートルーム(担当:坂口 )

〒860-8520 熊本市中央区黒髪3-12-16

電話 096(341)1168  FAX 096(343)0354
Email supportアットklc.ac.jp

 

【申込方法】

以下の情報をFAX: 096(343)0354またはメール: supportアットklc.ac.jpでお知らせください。電話でも構いません。

・氏名

・住所

・電話番号もしくはFAX番号

・現況 ①教育・保育関係者 ②福祉関係者 ③学生 ④一般 

・所属

・必要な情報保障 ①手話通訳 ②要約筆記 ③その他

※申込時にお知らせいただいた個人情報は、本講演会の運営管理および次回開催案内の為のみ利用いたします。

 

【申込締切】

12月1日(金)
※資料準備のためです。締切後でも参加希望の方はご相談ください。