HOME - おしらせ - 保育現場で働くことを目指す学生を対象とした「おさかな漁師教室」を開催しました

おしらせ

保育現場で働くことを目指す学生を対象とした「おさかな漁師教室」を開催しました

 2017年11月30日(木)、保育現場で働くことを目指す4年生(33名)を対象に「おさかな漁師教室」を開催しました。まず、不知火漁業士会所属の漁師の方から当日水揚げされたカンパチやコノシロを使って捌き方の実演をしていただきました。その後、一人一人で捌き方に挑戦しました。最初は、鮮魚を触ることをためらっいていた学生たちでしたが、次第に上手になり、その面白さも感じていたようです。そして、最後はみんなで捌いた魚を美味しくいただきました。
 最近では、家庭の食卓にパックで売られた切り身の魚が並ぶことが多く、一匹の魚を見たことがないという子どもたちの現状が伝えられています。この経験を、食育の一つとして将来の保育の現場で活かしてほしいと願っています。

cooking fishes.jpg