HOME - おしらせ - 九州ルーテル学院大学は 「公認心理師」の養成認可を受けました

おしらせ

九州ルーテル学院大学は 「公認心理師」の養成認可を受けました

   九州ルーテル学院大学は、本年度より国家資格「公認心理師」の養成を開始することが認可されました。県内では唯一 本学のみが養成に着手します。

   公認心理師は、我が国初の心理職の国家資格として,昨年9月に法律が施行されました。心理的支援が必要な人やその関係者に対し、医療,教育,福祉などの多様な分野で,心理状態の観察・分析、相談・援助等を行う職種で、今後各分野で法的に位置づけられての活躍が期待されています。

   大学で所定の科目を履修して卒業した後、所定の要件(大学院修了等)を満たすことで国家試験の受験資格が得られます。

  本学では人文学部心理臨床学科にカリキュラムを設け養成にあたります。また、この国家資格は大学院ルートのカリキュラムがあるため、本学大学院での養成についても、認可に向け準備を進めております。