HOME - おしらせ - 保育者を目指す学生たちが、フィールドビンゴを行いました

おしらせ

保育者を目指す学生たちが、フィールドビンゴを行いました

 2018年4月23日(月)、保育内容「環境」の授業のなかで、「身の周りの自然を知る」という目的で、フィールドビンゴを行いました。
 常日頃から親しんでいる学内の風景ですが、視点を変えると新たな発見もあったようです。
感性豊かな保育者になって欲しい、と願っています。

※フィールドビンゴ:数字の代わりに動植物や自然に触れるような内容が書かれた「ビンゴカード」を持って自然の中を散策し、自然に親しみながらビンゴゲームを楽しむ活動

            IMG_0728 ?????  HP?.jpg   field bingo.jpg