HOME - おしらせ - 教科指導におけるICT活用について学びました

おしらせ

教科指導におけるICT活用について学びました

 5月22日(木)、小学校教育実習Ⅰの授業にて、熊本県教育委員会 教育政策課指導主事 杉聖也先生をお招きし、小学校教諭を目指す3年次生が教科指導でのICT活用方法について学びました。
 電子黒板や実物投影機等の具体的な活用事例の紹介や、教科の模擬授業の体験を通して、落ち入りやすい課題や授業展開での留意点についても触れながら、これから目指すICT活用について考えました。
 班毎での話し合いでは、ICT機器は必要に応じて活用し、そのためには教師は授業のどの場面で用いるのかを充分に考慮して取り組む必要があること等を皆で確認し合いました。
 受講した学生からは、「教科教育法等の授業でも、これまでは黒板を使った指導案しか考えていなかったが、ICTの活用を具体的に学ぶことができました。今後に活かせる自信がつき、教育実習でもICTを活用していきたい。」という感想もありました。
 また、教師に求められる力とは何かについて、あらためて考える機会にもなりました。

ICT.jpg