HOME - おしらせ - 日本ダウン症協会熊本支部第43回夏季合宿にて「理科実験講座」を実施しました

おしらせ

日本ダウン症協会熊本支部第43回夏季合宿にて「理科実験講座」を実施しました

 817()19()、阿蘇プラザホテルで実施された日本ダウン症協会熊本支部第43回夏季合宿において、本学地域連携推進センター坂本昌弥准教授(人文学部人文学科)が18() 9:00から理科実験講座を実施しました。参加者は幼児から大学生まで合計10人です。

 内容は、(1)物体の浮力を実感する物理実験、(2)環境問題となっているペットボトルなどのプラスチック製品を減少させるために、アルギン酸ナトリウムを用いた液体のゲル化です。

 参加者は、力によって不思議な動きをする物体や、おもしろい化学反応に夢中になって取り組んでいました。

 ?????????.png  

  力を加えることによって不思議な動きをする物体を確認する参加者

 ?????????.png

  真剣に液体のゲル化に取り組む参加者