HOME - おしらせ - 親子サイエンス大実験カレッジ(第3回目)を行いました

おしらせ

親子サイエンス大実験カレッジ(第3回目)を行いました

 本年度、5回シリーズで実施する公開講座「親子サイエンス大実験カレッジ」の第3回目を、9月21日(金)18:3020:00に本学の多目的教室で実施しました。

 小学生とその保護者7組14人が,(1)減圧の世界! (2)低温の世界! という二つの科学テーマにチャレンジしました。

 (1)「減圧の世界」では、硬いケースの中の気圧を低下させると、中に入れていたやわらかいマシュマロや風船はどんどん膨張していきます。逆にペットボトルの中を減圧すると、ぺしゃんこにつぶれてしまいました。直接触らなくても圧力をコントロールするだけで物の形が変化することに参加者は驚いていました。

(2)「低温の世界」では、液体窒素を使った -196℃の世界を参加者で観察しました。減圧の世界とは逆にマシュマロは縮んで岩石のように硬くなり、風船は小さくなってしまい、見る影もありません。-196℃を利用して3分間でアイスクリームを作ると、参加者の中から歓声があがりました。

次回は1019日(金)に実施します。

                    ??? (2).png    

    減圧することでマシュマロが膨らむ様子を観察する参加者   

                  ????.png 

    液体窒素を使って低温の世界を観察する参加者

次回(10月19日<金>)の詳細とその他の公開講座の詳細については下記をご覧ください。
2018年度 九州ルーテル学院大学 公開講座