学長メッセージ

広渡純子学長 九州ルーテル学院大学 学長
広渡 純子
あえて少人数、愛に根ざした教育力。

 バス停から続く坂道を上がると、木立に囲まれた九州ルーテル学院のキャンパスがあります。小さいキャンパスですが、欅(けやき)、銀杏(いちょう)、楠(くす)などの木々が緑の木陰をつくり、四季折々の草花が彩りをそえる自然豊かなキャンパスです。今から90年前、この場所に創立された「九州女学院」。その長い歴史と伝統を受け継いで1997(平成9)年に誕生したのが九州ルーテル学院大学です。今年、開学20周年を迎えます。
 本学は「英語」「教育・保育」「心理」を3つの専門領域として実践を重視した教育を行っています。また開学以来、リベラルアーツ(人文学)カレッジとして「人間」について深く学ぶことを大切にしてきました。省エネ時代にあっても頭や心は省エネせず、特に学生時代は心をいっぱい動かし自分の頭でしっかり考える時にしてほしい。またボランティア活動や異文化体験プログラムなどをとおして多様な人びとと出会い、それぞれの違いや個性を活かして共に生きる世界をつくる一人になってほしい。これが本学の願いです。
 九州ルーテル学院大学は、夢に向かって進むみなさんを心から応援し、少人数教育の良さをフルに発揮してサポートします。みなさんも九州ルーテル学院大学で一緒に学びませんか?