就職支援

教職に挑む学生をサポートする「教職・保育支援センター」
教職・保育支援センター
  • 「教職・保育支援センター」では、常駐のスタッフ6名を配置し、教育実習や介護等体験、教員採用、公務員(保育士職)採用試験対策などキャリア形成を支援します。
  • 本学の特色は少人数教育です。学科や専攻による専門的な知識や技能の修得はもちろん、その基盤となるリベラルアーツ(教養教育)を修めることで、人間味豊かな教員へと養成します。特に「実践的指導力の育成」や「教職への意欲の高揚」、「教員採用、公務員(保育士)採用試験への対策」を3本の柱にしています。
  • 本センターは保育士、幼稚園や小学校、中高英語、高校公民、特別支援学校の教員および保育士をめざす学生の4年間を力強くサポートしており、その主な活動は下記のとおりです。
  • 本センターでは、在学生だけでなく、教育現場で活躍する卒業生の様々な相談に応じるなど幅広く支援しています。
卒業生・中退者の就職支援

このような活動をしています

教員採用、公務員(保育士職)採用試験への対策
採用試験に向けた4年間の学習サポートの他、学内模試、集中学習会、体育実技講座(水泳・跳び箱・マット・鉄棒)、小論文や面接、模擬授業などの指導を行っています。
各種情報の提供
一次試験(一般教養・教職教養、専門教科・小学校全科等)、二次試験(模擬授業、小論文、面接、実技等)の過去問題の収集・分析、他都道府県の教員採用試験等の情報を収集・提供しています。また、教育委員会等が主催する教育研究会などへの参加も推奨しています。
教育実習等の支援
教育実習(幼稚園、小学校、中学校、高等学校、特別支援学校)や保育実習、介護等体験、観察実習などのサポートを行っています。
相談・質問への対応
常にスタッフが在室し、教職に関する相談や採用試験についての質問に応じています。また、小学校や中学校の教科書、採用試験関係問題集や資料などを常備し、自習室として開放することで、年次をこえた交流の場にもなっています。