HOME - 進路就職 - 出張講義ガイド

出張講義ガイド

九州ルーテル学院大学では教員が直接高等学校へ出向き、高校生を対象に模擬授業を実施します。

4 心について考える心理臨床学科

心理臨床学科では、統一テーマのもと各教員が専門分野についてわかりやすく講義します。なお、全ての講義において、15分程度の「心理学入門」の内容が含まれます。

有村達之教授
1-1 ストレスと関係のある病気
有村 達之 教授

心理的ストレスに関係した病気は近年増えており、社会問題になっています。 そのような病気にはさまざまなものがありますが、うつ病はその代表的なものです。 また、一見ストレスと無関係なように思える病気、例えば腰痛などもストレスと関係があることがわかっています。 今回はストレスとこれらの病気との関係、心理学的な対処法についてお話します。


河田将一教授
1-2 仲間づくりの心
河田 将一 教授

あなたは相手に対してどういう態度をとっているでしょうか? あなたの勝手な想像で相手を判断してはいないでしょうか? 本講義が、日ごろのあなたの相手への接し方をふり返る機会となり、よりよい仲間づくりのための道標になればと思います。


中村敬子教授
1-3 特別支援教育ってなに?
中村 敬子 教授

障がい児教育が「特殊教育」から「特別支援教育」に変わって、今年で11年になります。 その「特別支援教育」について学びませんか。 そして、障がいの有無にかかわらず安心して暮らすことができる「共生社会」について、一緒に考えてみましょう。


三城大介教授
1-4 こころの病と支援
三城 大介 教授

こころの病と一括りにしても実はさまざまな疾病や症状があり、「生活のしずらさ」といわれる実際の生活をする上での障がいの状況も人それぞれです。 それは、その人その人が持っている性格や思考に疾患が取りつくからです。 そのため治療や支援は個別性を重要視します。 精神科リハビリテーションの視点からこころの病のある方への支援のあり方を一緒に考えてみましょう。


和田由美子教授
1-5 感情心理学入門 ―涙の不思議―
和田 由美子 教授

みなさんは感動して泣いたことがありますか?私が学生と一緒に行った調査によると、喜びや感動などのポジティブな感情で涙を流した経験がある人は、大学生では男子が55%、女子が76%でした。そもそも、人はなぜ泣くのでしょうか。この講義では、涙に関する様々な心理学的研究について紹介したいと思います。


石坂昌子准教授
1-6 心をみつめる
石坂 昌子 准教授

心とは目にみえず形もなく、一見つかみどころがないように思うかもしれません。しかし、進路で迷ったり人間関係で悩んだりするときなどは、一呼吸おいて、自分や相手の心をみつめることが大事になってきます。本講義を通して、自分の考えを整理したり新たな思いに気づいたり相手の気持ちを理解したりするヒントになればと思います。


岩永靖准教授
1-7 学校ソーシャルワークとは?
岩永 靖 准教授

現在、児童生徒の不登校や虐待、いじめなど様々の課題にとりくむスクールソーシャルワーカーが注目されています。スクールソーシャルワーカーが実践する、児童生徒とその環境に働きかける学校ソーシャルワークについて考えてみましょう。


糟谷知香江准教授
1-8 他者の印象と心
糟谷 知香江 准教授

あなたの周囲の人についての「○○○な人」という印象はどれくらい当たっているのでしょうか?こうした印象はコミュニケーションを通して形作られているのですが、コミュニケーションには誤解がつきものです。この講義を通して、他者に対する印象について考えてみましょう。


佐々木順二准教授
1-9 共に学ぶキャンパス文化
佐々木 順二 准教授

障がいの有無にかかわらず、互いに認め合い、支え合い、共に学ぶことの出来るキャンパスは、どのようにして実現できるのでしょうか。 障がいのある学生は支援を受けるだけの存在なのでしょうか。 そもそも「支援」とは何でしょうか。 本学の取り組みも交え、共に学ぶキャンパス文化について一緒に考えてみましょう。


高野美雪准教授
1-10 心の健康
高野 美雪 准教授

からだが健康かどうか、すぐ気づいたり、気にかけたりすることは多いけれど、心が健康かどうかは、あまり気にしていないことはありませんか?
心が健康になると、元気や意欲がわいてきます。一緒に心の健康チェックをしてみましょう。


西章男准教授
1-11 肯定と支持
西 章男 准教授

福祉などの分野には実践者を支えることでより良い実践を支えるスーパービジョンというものがあります。人を元気にするには自分自身が元気でいることが必要です。肯定され支えられる体験を通して自分自身が元気になり、その元気を誰かのために役立てることについて考えてみましょう。


久﨑孝浩准教授
1-12 赤ちゃんの心や感情を科学する
久﨑 孝浩 准教授

赤ちゃんでも物理法則や数を理解しているのでしょうか、赤ちゃんは様々な出来事にどのような感情を経験するのでしょうか、赤ちゃん時代の親子関係はどこまで重要なのでしょうか。こうした問題を科学の目を通してみることで、あらためて、他の動物と異なる人間の知性・社会性の偉大さと、個人の健全な成長において何が大切かということを考えてみましょう。