HOME - 進路就職 - 出張講義ガイド

出張講義ガイド

九州ルーテル学院大学では教員が直接高等学校へ出向き、高校生を対象に模擬授業を実施します。

3 人文学科 (こども分野)

永野典詞教授
3-1 保育と笑顔(コミュニケーション)
永野 典詞 教授

保育現場では、日々、笑顔があふれています。 さて、笑顔は自分のその時の気分なのでしょうか。 であれば、気分がいい時は笑顔だけど、気分が乗らない時は、笑顔が出ないとなりますよね。 それで、一番困るのは子どもたちです。 子どもたちの育ちを支える将来の保育者を目指して、笑顔や上機嫌を自分の技術として身に付けましょう。


益田亮英教授
3-2 教職の魅力
益田 亮英 教授

"学校の先生"は、高校生のなりたい職業ランキングで常に上位にあります。 多くの高校生が夢みる"学校の先生"の魅力ってなんだろう。 教職の楽しさややりがい等とともに、先生として教壇に立つまでの道のりや、先生に求められる資質能力は何か、教職の特殊性や他の職業との違いなどについて考えたいと思います。


犬童昭久准教授
3-3 子どもの描いた絵を理解する
犬童 昭久 准教授

子どもは素敵な絵を描きます。 しかし大人は、その絵の良さを十分に理解しているでしょうか? 「表現」と「鑑賞」の原点に関わる活動を体験しながら、子どもの造形的な表現活動と発達段階との関連について理解し、子どもの描いた絵の良さについて一緒に考えてみましょう。


三井真紀准教授
3-4 保育学入門
三井真紀 准教授

「保育」ってなんでしょうか。「保育」と「教育」の違いは?幼稚園と保育園の先生の仕事内容は?どんな免許が必要なの?子育て支援って何をするの?子育てを取り巻く環境が大きく変化しています。保育に関する素朴な疑問を解決しながら、新しい時代の保育について一緒に考えたいと思います。


香﨑智郁代講師
3-5 「子育てしやすい社会」を考える
香﨑智郁代 講師

「赤ちゃん」はかわいらしく、見ているだけでも癒やされるような存在です。 でも「子育て」をしているお父さん・お母さんの中には、子育てに悩み、不安を抱えている人もいます。 そのような人たちに私たちができる支援はどのようなことでしょうか? 「子育てしやすい社会」になるために私たちができることを一緒に考えてみましょう。


水町 愛講師
3-6 子どもと音楽
水町 愛 講師

保育や幼児教育の現場は「音楽に始まり音楽に終わる」と言われます。「音あそび」や「リズムあそび」には、子どもの感性や心を育てる要素が豊富に詰まっています。音楽は、それらの要素が溶け込んだ栄養たっぷりのスープのようなものだと言えるでしょう。一緒に身体を動かしながら「子どもと音楽」について考えてみましょう。