1. HOME
  2. NEWS

NEWS

1つ前へ戻る

【大学院】2022年10月15日(土)実施の大学院入学者選抜試験を受験される皆様へ

2022-09-22

<試験当日の本学までの交通手段等について>

(1) お車による送迎は可能ですが、学内に受験生用の駐車場はありません。

 

<新型コロナウイルス感染症への対応について>

事前に注意いただくこと。

(1) 日頃から感染防止について心がけるとともに、朝などに体温測定を行い、体調の変化の有無を確認してください。

(2) 試験日の1週間程度前から発熱・咳等の症状がある受験生は予め医療機関を受診してください。

(3)以下のいずれかに該当する方は、受験できません。

 ①新型コロナウイルス感染症に羅患し、試験日に入院中又は自宅や宿泊施設において療養中の方

 ②濃厚接触者の方。ただし、無症状であり、他者へ感染する恐れが極めて少ないと判断できる場合は、別室受験を認めます。濃厚接触者とされた時期、保健所等の指示内容等を勘案して受験の可否を判断します。

上記の方は追試験等の対応を含め、本学入試課(096-343-1600)に必ずご連絡ください。

試験当日に注意いただくこと。

(1) 試験当日に息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合、基礎疾患等により重症化しやすい受験生が発熱・咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合の他、発熱・咳などの比較的軽い風邪の症状が続く場合は、試験当日における対応等について、かかりつけ医や「受診・相談センター」(地域により名称が異なることがある)に相談するとともに、追試験等の受験を検討すること。

 上記に該当しないものの、発熱や咳等の症状のある受験生は、その旨を試験監督者等に申し出ること。症状の有無にかかわらず、各自マスク(何らかの事情によりマスクの着用が困難な場合は、あらかじめ本学に相談すること。)を持参し、試験場では、昼食時以外は常に着用すること。

 休憩時間や昼食時、入退場時等における他者との接触、会話を極力控えること。

(2) 試験場入口等に設置しているアルコール消毒液を必要に応じて使用してください。アルコール消毒液が体質的に合わないため、他の方法で消毒を行っている方は申し出てください。

(3) 試験中に発熱や咳等の症状が出た受験生は、その旨を試験監督者に申し出てください。

(4) 受験生を確認するための写真照合等で試験監督者から指示がある場合は、マスクをはずしてください。

(5) 試験当日、試験室の換気を行います。適宜体温調節しやすい服装でお越しください。

(6) 昼食は、持参して指定の時間内に自席で黙食してください。

(7) その他試験監督者等から特に指示がある場合は、従ってください。

試験終了後に注意いただくこと。

(1) 試験終了後に、新型コロナウイルス感染症に罹患した場合は、速やかに本学入試課

(096-343-1600(代表番号))に連絡してください。

<不正行為の防止について>

(1) 不正行為について

 次のことをすると不正行為となります。不正行為を行った場合は、試験中であれば、その場で受験の中止と退室を求めます。結果として、受験は無効となります。

 また、不正行為は状況により警察へ被害届を提出するなどの対応をとる場合があります。

・出願書類及び解答用紙に故意に虚偽の記入をすること

・カンニング及びカンニングの手助け

・当該試験時間終了前の問題の持ち出し

・解答用紙の持ち出し

・指示前に問題冊子を開く、解答を始める、また、指示後に解答をやめないなど

・所持品や使用できるものの指示に従わない


 上記以外にも、試験の公平性を損なうおそれのある行為は不正行為となる場合があります。試験監督者の指示等には従ってください。

 

(2) 所持品について 

 受験票のほかに試験時間中、机上におけるもの

・黒鉛筆(H、F、HBに限る。和歌・格言等が印刷されているものは不可)

・鉛筆キャップ

・シャープペンシル(メモや計算に使用する場合のみ可、黒い芯に限る。)

・プラスチック製の消しゴム

・鉛筆削り(電動式・大型のもの・ナイフ類は不可)

・時計(辞書、電卓、端末等の機能があるものや、それらの機能の有無が班別しづらいもの・秒針音のするもの・キッチンタイマー・大型のものは不可)

・眼鏡、ハンカチ、目薬、ディッシュペーペー(袋または箱から中身だけ取り出したもの)

・外国語(英語)の試験のみ、辞書の持ち込み可。ただし電子辞書の使用は不可

 使用してはいけないもの

・定規(定規の機能を備えた鉛筆を含む。)、コンパス、電卓、そろばん、グラフ用紙等の補助具

・携帯電話、スマートフォン、ウェアラブル端末、タブレット端末、電子辞書、ICレコーダー、イヤホン、音楽プレーヤー等の電子機器類

 

<本学の試験実施体制について>

(1) 筆記試験時の受験生同士の距離について、1メートル程度の間隔を確保します。

(2) 試験場の机・椅子については前日に消毒を実施します。

(3) 試験場入口等にアルコール消毒液を設置します。

(4) 体調不良者(新型コロナウイルス感染症に罹患の恐れのない者)のための別室を準備します。別室では受験生同士の距離について、2メートル以上の間隔を確保します。

(5) 口述試験では、2メートル以上の間隔を確保します。

(6) 試験室は定期的に換気を行います。

(7) トイレ等を使用する場合に、1メートル以上の間隔を開けるなど、密にならないよう掲示等で指示します。

(8) 試験監督者等の試験業務に携わる者は、試験前7日程度を目安に体温測定等を行い、体調管理に努めます。

 

九州ルーテル学院大学 入試課

Tel: 096-343-1600

E-mail: nyushi@klc.ac.jp