1. HOME
  2. キャンパスライフ
  3. 学生の一日

学生の一日

将来を見つめて学びに打ち込みつつ
ルーテルでの日々を大いに楽しむ
学生の生活をレポートします

実家から通う学生
東 明奈さん

エアラインへの就職をめざし
英語力や社会人基礎力を高める勉強は
約1時間の通学中も欠かしません

人文学科
キャリア・イングリッシュ専攻 4年次生

竹尾 真里奈さん
熊本県 九州学院高校出身

3年次でのタイムスケジュール

  • 宇城市不知火町の自宅から大学まで、通学には1時間ほど必要。なので1限目がある日の起床は6時と早起きです。
  • 通学の電車内では英語をリスニングしたり、単語を覚えたり、時間を有効活用しています。当然、周囲への気づかいは忘れません。
  • 火曜と木曜の1限目は聴覚障がいのある心理臨床学科の友だちが受ける英語の授業に同席、ノートテイクをしています。
  • 昼食はお母さんがつくってくれるお弁当(お母さんありがとう!!)。専攻の友だちと一緒に、いろんな話をしながら食べます。とても楽しい時間です。
  • 火曜の3限目「英語で学ぶ時事問題」は大好きな授業。注目の社会問題について“英語で”ディスカッションします。英語力はもちろん、社会人基礎力も高まる学びです。
  • エアラインへの就職をめざしてマナーの勉強をしたり、英会話の訓練をしたり、授業のない時間も“夢”をかなえるための努力をしています。
  • 大学と自宅の間にあるスポーツ用品店でアルバイトをしています。スポーツは“する”のも“みる”のも好き。最近まで軟式野球部のマネージャーをしていました。
  • 夕食後は課題のレポート作成など、すべきことをします。でも睡眠の確保は大切なので、“本日中”に就寝するのが目標です(Good night !!)。
  • 夕食後は課題のレポート作成など、すべきことをします。でも睡眠の確保は大切なので、“本日中”に就寝するのが目標です(Good night !!)。

Weekly Schedule ~
竹尾真里奈さん 3年次後期の時間割

Mon Tue Wed Thu Fri
1   ノートテイク ゼミ ノートテイク  
2     応用言語学 英語通訳
演習Ⅱ
 
3   英語で学ぶ
時事問題
     
4   企業情報
管理論
    スピーチ&
ディベートⅡ
5       認知心理学 アカデミック
ライティング
ひとり暮らしの学生
西川 広貴さん

小学校の先生を目標に
勉強もサークルも頑張れるよう
規則正しい生活を継続中!!

人文学科
こども専攻 児童教育コース 3年次生

西川 広貴さん
熊本県 東稜高校出身

2年次でのタイムスケジュール

  • ひとり暮らしで大切なのは生活のリズムを守ること。1限目に授業があってもなくても毎朝7時に起床、朝食も自分でつくって食べて大学へ!!
  • 大学には毎日8時30分、職員の方々みたいに“出勤”します(笑)。授業がない日、ラウンジなどで"朝勉強"するのも日課になりました。
  • ランチは学食。栄養のバランスがよくて、リーズナブルで豊富なメニューは、ひとり暮らしの学生にとって心強い限りです。
  • 毎日4限目まで授業。小学校や特別支援学校の教諭免許を取得するための勉強です。高校生の頃より、大学生になってからのほうが勉強している感じです。
  • 5限目の終了後、月曜は大学の体育館でバドミントン(趣味です)で、火曜はフットサル(サークルです)で汗を流します。フットサルは他大学とも試合します。
  • 軽音楽部にも入っているので、ライブ前はバンドの練習に励みます。友だちと“ばんごはん”を食べに行くこともあります。
  • 外食より自炊することのほうが多いです。得意料理はカレーとパスタ。友だちの間でも「カルボナーラは絶品!!」と評判です。料理、掃除、洗濯、家事全般が得意です。
  • 外食より自炊することのほうが多いです。得意料理はカレーとパスタ。友だちの間でも「カルボナーラは絶品!!」と評判です。料理、掃除、洗濯、家事全般が得意です。

Weekly Schedule ~
西川広貴さん2年次後期の時間割

Mon Tue Wed Thu Fri
1     障害者
教育総論 Ⅱ
  教育方法
2 コミュニケーション
障害者の心理
教育経営学 算数    
3 理科 小学校英語
指導者原論
    生活
4 日本国憲法 小学校音楽
演習 Ⅱ
肢体不自由者
教育総論
社会 体育
5 特別活動の
指導
肢体不自由者の
心理・生理・病理