1. HOME
  2. 学部学科
  3. 人文学部 人文学科
  4. キャリア・イングリッシュ専攻

学部学科

学部学科Course of Study

人文学科へ戻る

人文学部人文学科

キャリア・イングリッシュ専攻

英語力×情報処理力×人間力
  • 特色
    強み

    少人数教育による英語力と情報処理能力の伸長

    めざす職業に直結する4つの履修モデルがあります。英語は1年次から習熟度別の少人数(5名~20名)クラスで学び、専任教員の丁寧な指導を受けます。さらに海外での体験学修や留学によって生きた英語を学び、国際人としての基礎を磨きます。ゼミでは教員との双方向の議論や研究を通じて思考を深め、就職活動まで手厚くサポートします。

  • 目標
    資格

    グローバルな活躍や英語教諭などをめざす

    卒業までにTOEIC®700点以上の英語力を身につけることを目標にしています。さらに英語教育や国内外のビジネスシーンに活かせる高度な英語力を身につけ、グローバルな人材になることをめざします。あわせて産業界が求める情報処理能力や情報リテラシーの修得と共に、情報処理検定試験の資格取得をめざします。

  • 資格取得についてはこちらをご確認ください。

Message

坂根 シルック

人文学科
キャリア・イングリッシュ専攻 
准教授

坂根 シルック

異文化理解を深めながら、
自ら考える力を育み、
世界のことを自分事として
捉えることのできる人材をめざす

今年度から開講される新カリキュラムには、異文化理解やグローバルビジネスといった、多様化する社会に適応する力を育む授業も含まれています。英語力や人間力を身につけたい!新しい自分や将来の目標を見つけたい!そんな意欲のある皆さんをお待ちしています。

アドミッション・ポリシー
入学者受入れの方針
  1. 英語に興味があり、英語力を伸ばしたいという人、また国際社会で活躍したい人
  2. 英語力・ITスキルが活かせるビジネス分野に関心がある人
  3. 英語教育(中・高教諭やこども英語教育)に関心がある人
  4. 入学までに望まれる能力・態度・活動
    • 高等学校までに共通して学ぶ教科・科目についてのバランスのとれた幅広い基礎学力
    • 日本の文化を知り英語でコニュニケーションを図ろうとする態度・能力
    • 国際社会の出来事に興味関心を持って学ぶ姿勢
    • 資格や検定等への積極的なチャレンジ
カリキュラム・ポリシー
教育課程編成の方針

 少人数教育により、実践的な英語運用能力、豊かなビジネスの知識やITスキルを身に付け、さらに多彩なリベラルアーツ科目を学び、卒業後に国際社会や英語教育界等で活躍できる人材を育成するためのカリキュラムを編成します。

教育課程の実施方針

1. 基礎力と専門知識

 国際人として広い視野と豊かな教養や専門知識を持った学生を育成するために、1,2年次では、英語の4技能《読む・書く・聞く・話す》をバランス良く伸ばすため、少人数の習熟度別英語クラスを編成し、週2~3回の集中的な授業を行います。
 さらに、情報に関するリテラシーと知識、経営・ビジネスに関する知識を幅広く修得させる授業科目を開設します。
 3年次からは、少人数ゼミと並行し、専攻内の4つのコースと関連するより専門的な科目群を開設し、基礎力の応用を高めます。

2. 知識と体験学修

 世界や国内で日々起こっている様々な出来事や動向に関心を持ち、グローバルに活躍できる国際人となるためには、講義で修得した英語力、海外についての知識、ITスキル、国内外のビジネス知識を実際の場面で実践することが必要です。異文化理解、職場体験(インターンシップ)、小学校英語活動、教育実習、教育現場体験等の様々な体験学修を通じて知識と実践力の融合を図ります。

3. 発言・発信力と多様性の理解

 グローバル化が進む現代では、英語やITを使って情報を発信し、文化の多様性を理解する必要性がますます高まっています。自己の意見を積極的に発言・発信できる国際人を育成するために、3,4年次では、双方向のコミュニケーション能力を高めるための授業を行います。

ディプロマ・ポリシー
学位授与方針
  1. 国際社会や実務で通用する英語運用能力(読む・書く・聞く・話す)を修得し活用できる
  2. グローバルで幅広い視野と深い教養を身につけ、異文化社会の多様性を理解できる
  3. IT技術、情報リテラシーやビジネスに関する知識・倫理観、社会人としてのコミュニケーション力を身につけている
  4. 自己の意見や考えを積極的かつ適切に他者に対して発言・発信できる
  5. 卒業研究を通して、自ら課題を分析し、解決・結論に導く方策を構築できる

目標に応じて学ぶ4つの履修モデル

  1. グローバル・ビジネスコース

    グローバルな視点を育むための語学力や異文化理解、国際ビジネス、高度なIT活用能力などの多様な科目により、グローバル化する環境や産業に対応でき、将来のビジネス分野やIT関連業界において世界で活躍できるグローバル人材をめざします。

  2. 英語教員・指導者養成コース

    教育の現場で必要とされる知識と実践能力を身につけ、教員免許状や小学校英語指導者資格を取得し、英語指導のプロフェッショナルをめざします。

  3. 文学・言語学コース

    英語文学や英語の歴史・構造などを学び、英語力と思考力を養うと共に、英語圏の文化や社会、考え方に関する知識を深め、国際的な視野を身につけます。

  4. エアライン・ツーリズムコース

    キャビン・アテンダント(CA)や空港のグランドスタッフ、航空業界やホテル、旅行会社などで活躍できる国際人をめざします。

特色ある科目

  • プログラミング言語
    プログラミング言語

    2020年度から小学校で“プログラミング教育”が必修化されます。今では、プログラミングが遊び感覚でできる環境が整いつつありますが、コンピュータを動かすにはプログラミング言語による記述が基本です。この科目では、産業界で用いられるハードから高級言語まで記述可能なC言語を用いたプログラミング演習を行います。

  • コミュニケーション・イングリッシュⅡ
    コミュニケーション・イングリッシュⅡ

    クラスは習熟度別に10名前後の学生で構成されます。スピーキングの集中演習で、ジェスチャー、アイコンタクト等の言葉によらないコミュニケーションを身につけます。また、語彙を増やし、リスニング・スピーキングのレパートリーに組み入れる練習を行います。スピーキング練習では、発音、リズム、抑揚の上達をめざします。

  • こどもと英語Ⅱ
    こどもと英語Ⅱ

    こどもに英語を教えるための様々な取り組みを学びます。講義に加え、将来教える可能性のある活動やゲーム等を実際に体験します。また、学生が独自の学習活動を企画する機会もあります。

  • 小学校英語フィールドワークⅡ
    小学校英語フィールドワークⅡ

    小学校の現場で2020年度から完全実施される活動型小学校外国語と教科型小学校外国語を指導するための知識と指導スキルを習得することを目的としています。現場フィールドワークとして熊本県菊陽町立小学校に実際に赴き、学級担任の補助教員として英語の指導を行い、実践的な指導力を高めます

学びを活かして進路を拓いた学生たち

高めた英語力と人間力により
全日空(ANA)のCAになるという目標を叶えることができました

人文学科
キャリア・イングリッシュ専攻
2020年3月卒業

宮川 愛未さん 
熊本県 必由館高校出身

就職先 全日本空輸株式会社(ANA)客室乗務員

宮川 愛未さん
  • 英語を深く学びたいと考えてのルーテル進学後、憧れ始めた客室乗務員(CA)になることができました。採用された全日空(ANA)の面接では専攻で大きく伸ばした英語力、異文化体験やボランティア活動を通じて高めた人間力を活かして乗務したいとアピールしました。今はかけがえのない体験ができた4年間への感謝も尽きません。

  • 卒業後の進路

    CA(キャビン・アテンダント)

この4年間で学び身につけたマーケティングなどの知識を活かし
キャリアアップしていきます

人文学科
キャリア・イングリッシュ専攻
2020年3月卒業

下田 悠介さん 
熊本県 八代清流高校出身

就職先 アデル・カーズ株式会社 営業職

下田 悠介さん
  • ドイツやフランスからの輸入車を扱うアデル・カーズ(本社・熊本市)で営業職に就きます。自身、幼い頃から欧州車が大好きでしたから、今は「夢が叶った」気持ちです。英語の運用能力だけでなく、マーケティングや広報・広告、企業経営に関するスキルも高められた4年間の学びを活かし、キャリアアップしていこうと思っています。

  • 卒業後の進路

    営業職

卒業生メッセージ

近年の主な就職・進学先

  • 企業
    • シアーズホーム
    • シーボン
    • アダストリア
    • 豊田自動織機
    • 日本郵便
    • 全日本空輸
    • ANA福岡空港
    • ジェイエア
    • ソラシドエア
    • ネクステージ
    • アデル・カーズ
    • 九州ケーズデンキ
    • えがお
    • 九州労働金庫
    • 住友生命保険
    • 熊本中央信用金庫
    • 熊本信用金庫
    • ハブ
    • 益正グループ
    • 共立メンテナンス
    • ハウステンボス、
    • ティーケーピー
    • 麻生キャリアサポート、
    • ワークポート福岡
    • 早稲田スクール
  • 教員
    • 八代市立東陽中学校
    • 菊陽町立武蔵ケ丘北小学校
    • 天草市立本渡南小学校
    • 錦町立一武小学校
    • 熊本市立河内小学校
    • 福岡市立住吉小・中学校
  • 進学
    • 熊本大学大学院

(順不同)

専門教育科目

下記の表は横にスクロールできます。

※2年次以降の科目は年度により変更となる場合があります

印 必修

1年次 2年次 3年次 4年次
  • リーディング&ライティング演習Ⅰ
  • リーディング&ライティング演習Ⅱ
  • アドバンスト・イングリッシュ・コミュニケーションⅠ
  • アドバンスト・イングリッシュ・コミュニケーションⅡ
  • コミュニケーション・イングリッシュⅠ
  • コミュニケーション・イングリッシュⅡ
  • 基礎英文法
  • 応用英文法
  • 英語文学概論Ⅰ
  • 現代社会とメディア
  • エアライン講座
  • リーディング&ライティング演習Ⅲ
  • リーディング&ライティング演習Ⅳ
  • アドバンスト・イングリッシュ・コミュニケーションⅢ
  • アドバンスト・イングリッシュ・コミュニケーションⅣ
  • コミュニケーション・イングリッシュⅢ
  • コミュニケーション・イングリッシュⅣ
  • アドバンスト・グローバル・ビジネスⅠ
  • アドバンスト・グローバル・ビジネスⅡ
  • 英語発音演習Ⅰ
  • 英語発音演習Ⅱ
  • 英語文学概論Ⅱ
  • 英語学概論
  • 英語史
  • 映画英語
  • TOEIC®テスト演習
  • 異文化理解Ⅰ
  • 異文化理解Ⅱ
  • マーケティング論
  • 情報検定演習Ⅰ
  • 情報検定演習Ⅱ
  • プログラミング言語
  • 小学校英語
  • 特別研究
  • アドバンスト・グローバル・ビジネスⅢ
  • アドバンスト・グローバル・ビジネスⅣ
  • アカデミック・ライティングⅠ
  • アカデミック・ライティングⅡ
  • スピーチ&ディベートⅠ
  • スピーチ&ディベートⅡ
  • 英語通訳演習Ⅰ
  • 英語通訳演習Ⅱ
  • 英米文学講読Ⅰ
  • 英米文学講読Ⅱ
  • 日英語比較
  • 応用言語学
  • アメリカ史
  • 現代アメリカ論
  • 英語で学ぶ時事問題
  • 英語で紹介する日本
  • 国際ビジネス論
  • 企業経営論
  • 広報・広告論
  • ビジネス・イングリッシュⅠ
  • ビジネス・イングリッシュⅡ
  • ソフトウェア検定演習
  • 情報処理ネットワーク論
  • データベース論
  • 企業情報管理論
  • こどもと英語Ⅰ
  • こどもと英語Ⅱ
  • 小学校英語フィールドワークⅠ
  • 小学校英語フィールドワークⅡ
  • 卒業研究
  • アドバンスト・イングリッシュ・プロジェクト