1. HOME
  2. 学部学科
  3. 人文学部 人文学科
  4. こども専攻 保育コース

学部学科

学部学科Course of Study

人文学科へ戻る

人文学部人文学科

こども専攻 保育コース

保育力×支援力×人間力
  • 特色
    強み

    "こども"を深く学ぶ4年間

    保育基礎力の修得に向けて、まずは幅広い知識と教養を身につけます。保育、幼児教育、特別支援教育に関連する専門科目の修得後は現場での実習機会を豊富に設けています。これらの集大成として、保育の総合力が身につく「オペレッタ(こどもフェスティバル)」の発表に取り組みます。

  • 目標
    資格

    "保育"に関する専門職に

    保育者としての専門性と豊かな人間性の育成をめざすとともに、子ども関連の専門職にふさわしい能力と知識を身につけます。保育園、幼稚園、認定こども園、児童福祉施設などの他、大学院を経ての研究者、離乳食や玩具、育児・絵本系出版社といった子ども関連企業での活躍も目標にすることができます。

  • 資格取得についてはこちらをご確認ください。

Message

水町 愛

人文学科
こども専攻 保育コース 
講師

水町 愛

現代社会に増え続けている
多様な背景をもつ子どもたちに寄り添う
豊かな保育観を形成していきましょう

保育コースではキリスト教の精神に基づく“愛”を軸に、多角的に子どもを理解する学びに取り組みます。それは多様な背景をもつ子どもが増えている今こそ必要な学びに他なく、現代社会が求める豊かな保育観の形成に結びつきます。

アドミッション・ポリシー
入学者受入れの方針
  1. 発達支援の能力を持った保育士・幼稚園教諭・保育教諭を目指す人
  2. 保育士として児童福祉施設や病院などで働きたい人
  3. こどもの世界と保育に関心を持ちその成長を支援したい人
  4. 入学までに望まれる能力・態度・活動
    • 高等学校までに共通して学ぶ教科・科目についてのバランスのとれた幅広い基礎学力と基本的生活習慣
    • 聴く、話す、読む、書く力、他者との良好な関係を構築するためのコミュニケーション能力
    • 音楽(読譜等)についての基礎知識と、ピアノや歌などの技能
    • 地域のボランティア活動への参加
カリキュラム・ポリシー
教育課程編成の方針

 教育に携わる者としての使命感を持ち、豊かな人間性と高い専門的知識・技能を身につけ、感恩奉仕の精神を拠り所にし、保育者として、心身共に健全な人材を育成するためのカリキュラムを編成します。

教育課程の実施方針

① 保育コース

1. 保育の専門性と人間性

保育に携わる者の倫理観・専門職としてのモラル・人間性を培うために、1年次より人格形成のための講義を計画的に取り入れ、保育者としての力量を高めます。また、1~4年次生の教科を関連させ、学びの系統性を踏まえ、総合的な学修力を身に付けます。

2. 保育における理論と実践の融合

 大学で学んだ理論を実践に結びつける教科統合型の総合的な力を育成することにより、実習の質と内容の充実を図りながら、理論と実際を結び付ける実践力の育成を目指します。

3. 幼児理解と技能教科の充実・強化

 音楽、環境構成の制作等、幼児教育に必要なピアノ・造形等の基本的な基礎技能の向上を深めます。

ディプロマ・ポリシー
学位授与方針
  1. 保育・幼児教育の考え方や理論について、自分の言葉で説明できる
  2. 保育・幼児教育のさまざまな研究法や技法について、実践を通して理解できる
  3. 保育・幼児教育の専門的知識を身につけ、現場等で活用できる
  4. 他者との協働的・実践的な学びを通して、対応力・判断力を高め、適切に活用し問題解決を行うことができる
  5. 多様な他者を理解し、他者と共生する社会の形成に向けて、社会の動向に関心を持ち、乳幼児理解の視点を活かしてアプローチすることができる
  6. 保育・幼児教育に関する卒業研究を通して、自らテーマを設定し、適切な方法で研究を進め、分析し、結果を整理して考察をまとめることができる

Close-up

  • こどもフェスティバル
    • 保育者として求められる総合的な力(企画力・実行力・演出力・指導力)を身につけることを目標にしています。学生が自ら脚本や衣装づくりに取り組むオペレッタの創作を行い、地域の保育園や幼稚園、住民の方々を招いて発表しています。
    • 仲間と力を合わせ、ひとつの舞台をつくりあげて発表し、喜んでもらえたときの達成感はとても大きく、その後の学びはもちろん、卒業後の職場でも大いに役立っているようです。
  • 音楽発表会
    • それぞれが自分の課題を設定して練習したピアノの成果を発表します。同時に歌曲も練習し、全員合唱を披露します。4年次生にとっては音楽学修の集大成となります。
    • こうした「音楽発表会」はもちろんですが、なにごとにも学生が主体的に取り組み、創りあげていく経験は、かけがえのない思い出となり、卒業後も自発的に行動する力の土台となっていきます。

特色ある科目

  • 器楽Ⅲ
    児童家庭福祉

    音楽を用いた保育活動が実践できる力を身につけることをねらいとしています。伴奏や弾き歌いの技術を向上させると共に、歌唱を取り入れた保育活動の目的やねらいについて考察し、模擬実践を重ねながら実践力を磨くことをめざしています。

  • 保育実践演習
    保育実践演習

    オペレッタの台本から舞台衣装、小道具、大道具の製作をとおし、保育の中で必要となる表現活動を学ぶ授業です。グループで一つのものを作り上げ、協働する大切さや難しさも体験します。最終的には10月に本学チャペルで開催する「こどもフェスティバル」でのオペレッタ発表に繋げていきます。

  • 保育実習指導Ⅱ
    保育の表現技術

    保育実習Ⅰで実際に経験した保育所での学びをもとに、さらに実習で必要となる指導計画立案を学びます。また各自で作成した指導計画に沿って、学生が子ども役・保育者役となった模擬保育を実施します。実習後の授業では、実習全体を振り返り、保育者としての自分の課題を明確にしていきます。

  • 体育
    保育実習Ⅰ

    用具を使用しない運動遊びや用具を使用した運動遊びなど数多くの運動遊びを展開することで運動遊びの引き出しを増やすとともに、指導実践および振り返りにより各自の保育力を高める演習科目です。

学びを活かして進路を拓いた学生たち

地元・益城町の公立幼稚園で
子どもたちの個性を伸ばすために学びを活かして頑張ります

人文学科
こども専攻 保育コース
2020年3月卒業

冨永 夏実さん 
熊本県 東稜高校出身

就職先 熊本県 益城町 公立幼稚園 教諭

冨永 夏実さん
  • 熊本地震の際に、一緒にボランティアをした保育者の皆さんがおられる地元・益城町の公立幼稚園に勤めます。保育コースで身につけた子どもたちに気持ちを伝えるスキルはもちろん、採用には特別支援教育の学びや体験も役立ったと感じています。在学中の学びを活かし、子どもの個性が伸ばせる保育者をめざして頑張ります。

  • 卒業後の進路

    幼稚園教諭

子どもたちと同じ目線で
よろこびあえる保育教諭を目標に培ってきた実践力を発揮します

人文学科
こども専攻 保育コース
2020年3月卒業

今田 結稀さん 
熊本県 熊本マリスト学園高校出身

就職先 
認定こども園 ルーテル学院幼稚園 保育教諭

今田 結稀さん
  • 同じキャンパス内にあり、伸びやかに遊んでいる園児たちと身近にふれあい、魅かれていった認定こども園ルーテル学院幼稚園に入職します。新卒1年目から担任になることに不安はありますが、4年間の学びやボランティア活動などを通じて培った保育の実践力を発揮し、子どもたちと同じ目線でよろこびあえる保育教諭になろうと思っています。

  • 卒業後の進路

    保育教諭

卒業生メッセージ

近年の主な就職先

  • 公務員
    • 熊本市立横手保育園
    • 熊本市立麻生田保育園
    • 熊本市立豊田保育園
    • 荒尾市立清里保育園
    • 益城町立益城幼稚園
  • 幼稚園・保育所
    • 認定こども園ルーテル学院幼稚園
    • 第二さくら体育幼稚園
    • 城北幼稚園
    • 認定こども園やまなみ
    • 立田幼稚園
    • 九州学院みどり幼稚園
    • なぎさこども園
    • やまばとこども園
    • 清水ヶ丘こども園
    • 白梅幼稚園
    • めぐみ幼稚園
    • たからこども園
    • さんさん保育園
    • 千草保育園
    • つるまる保育園
    • ひかりの子保育園
    • 愛保育園
    • はなぞの保育園
    • ひむき保育園
    • 宮崎市総合発達支援センター
  • 教員
    • 熊本県立松橋西支援学校

(順不同)

専門教育科目

下記の表は横にスクロールできます。

※2年次以降の科目は年度により変更となる場合があります

印 必修

1年次 2年次 3年次 4年次
  • 国語
  • 音楽
  • 器楽Ⅰ
  • 器楽Ⅱ
  • 図画工作
  • 保育内容(総論)
  • 保育内容(表現Ⅰ)
  • 保育内容(表現Ⅱ)
  • 保育内容(言葉)
  • こども家庭福祉
  • 社会福祉
  • 子育て支援
  • チャイルドケア・ゼミ
  • キリスト教保育
  • 体育
  • 教育原論
  • 教職論
  • 教育経営学
  • 教育心理学
  • 特別支援教育論
  • 器楽Ⅲ
  • 保育内容(人間関係)
  • 保育内容(健康)
  • 保育内容(環境)
  • 幼児教育方法
  • 保育原理
  • 社会的養護Ⅰ
  • 保育者論
  • こどもの保健
  • こどもの食と栄養
  • 乳児保育Ⅰ
  • こどもの健康と安全
  • 障害児保育
  • 社会的養護Ⅱ
  • 保育内容の理解と方法
  • 地域福祉論
  • 保育実習Ⅰ
  • 保育実習指導Ⅰ
  • 生活
  • 教育相談
  • 特別研究
  • 器楽Ⅳ
  • カリキュラム論
  • 幼児教育課程論
  • 幼児理解
  • 臨床心理学概論
  • こども家庭支援論
  • 保育の心理学
  • こども家庭支援の心理学
  • 子どもの理解と援助
  • 乳児保育Ⅱ
  • 社会保障論Ⅰ
  • 社会保障論Ⅱ
  • 保育実践演習
  • 幼稚園教育実習Ⅰ
  • 幼稚園教育実習Ⅱ
  • 保育実習Ⅰ
  • 保育実習指導Ⅰ
  • 保育実習Ⅲ
  • 保育実習指導Ⅲ
  • 卒業研究
  • 器楽Ⅴ
  • 教職実践演習
  • 幼稚園教育実習Ⅰ
  • 幼稚園教育実習Ⅱ
  • 保育実習Ⅱ
  • 保育実習指導Ⅱ