1. HOME
  2. 学部学科
  3. 人文学部 人文学科
  4. こども専攻 児童教育コース

学部学科

学部学科College Profile

人文学科へ戻る

人文学部人文学科

こども専攻 児童教育コース

教師力×実践力×人間力
  • 特色
    強み

    "児童教育"を深く学ぶ4年間

    児童教育に携わる者としての使命感を持ち、幅広い教養と高い専門的知識・技能を身につけた小学校教諭の育成をめざします。

    観察実習(2年次)、小学校教育実習(3年次)、児童教育フィールドワーク(4年次)などを通して児童教育に携わる者としての自覚を身につけます。

  • 目標
    資格

    小学校教諭など"児童教育"に関する専門職に

    4年間の学修を通じて、児童教育に関するあらゆる専門職に対応できる能力と実践的な指導技術を身につけます。小学校、特別支援学校の教諭(英語の専科を含む)や児童福祉施設などの職員としての活躍、専修免許状の取得や研究者としての就職を目指した大学院進学などが目標となります。

  • 資格

    小学校教諭免許状に加え、プラス1の免許状を取得できます

    小学校教諭一種免許状

    あわせて以下の免許のどちらかを取得できます。

    中学校・高等学校教諭一種免許状(英語)

    特別支援学校教諭一種免許状
    (知的障害者)(肢体不自由者)(病弱者)

    資格取得についてはこちらをご確認ください。

Close-up

  • 教職実践演習
    • 教職課程の集大成となるのが「教職実践演習」です。この科目は4年次の後期に学びます。それまでに培った教師としての資質や能力、教科指導力などを、豊富な現場経験をもつ講師の講話や実地研修、ロールプレイングや集団討論、プレゼンテーション等、バラエティに富んだ内容の授業によって磨き上げます。
    • また、この授業では学生自身が経験をもとに意見を発表する機会も多く、他者の意見を聞くことで思考が柔軟になり、幅も広がります。これにより、今後の自身の生き方を考える機会にもなります。
  • 児童教育コースの強い絆
    • 児童教育コースは、小学校教員など児童教育の専門家をめざすという共通の目標をもつ学生の集まりであり、常に切磋琢磨しています。
    • 4学年合同の研修会や交流会などを行うことで、コースの先輩・後輩間や教員・学生間の絆をつくり、親睦を深めていきます。
    • こうした交流には“学びあい”の効果もあり、互いの人間的な成長の糧となっています。

特色ある科目

  • 小学校音楽演習 Ⅰ~Ⅴ
    小学校音楽演習 Ⅰ~Ⅴ

    小学校で教える全教科のうち、音楽は専科の先生が少ないため、多くは担任が行うことになります。歌唱、器楽、音楽づくり、鑑賞のすべてにわたって各学年に指導できる力を段階的に身に付けていきます。

  • 理科演習Ⅰ
    理科演習Ⅰ

    生物分野を主に、生き物の基本的なつくりと系統進化を学修します。動物進化については水中生活から陸上生活への移行にふれます。野外での実習も数多く行います。

  • 教師力演習
    教師力演習

    1年次に全員が受講する科目です。教職を目指すのに必要な一般教養を高めるとともに、討論やディベート、スピーチなど他の学生との意見交換を行い、教師としての資質の向上を図ります。また、先輩教師や管理職の教師の講話等を通して教師像について考え、目指す教師像を明確にします。

学びを活かして進路を拓いた学生たち

小学校教諭をめざして学び
身につけた“教師力”を大いに発揮し
児童の未来を明るく照らします

人文学科
こども専攻 児童教育コース
2019年3月卒業

永野 健志さん 
熊本県 東稜高校出身

就職先 益城町立 広安西小学校

永野 健志さん
  • 小学校の先生になることをめざして児童教育コースに進み、目標が叶えられたのは、繰り返し行った模擬授業をはじめとする実践的な学びと先生方の綿密な指導のおかげです。また、少人数制のルーテルでは学生相互が学びあう機会が豊富にあり、それも採用試験の突破につながったと感じています。入職後、クラス担任になることも決まっており、この4年間で培った“教師力”を大いに発揮し、児童の将来を明るく照らしてあげたいと思っています。

  • 卒業後の進路

    小学校教諭

進学する教職大学院では
今の教育現場が求める授業について
実践研究を深めていきます

人文学科
こども専攻 児童教育コース
2019年3月卒業

磯田 幸希さん 
熊本県 第一高校出身

進学先 熊本大学 大学院 教育学研究科

磯田 幸希さん
  • 卒業に際し、小学校教諭になることも考えましたが、さらに専門性を高めることを自己課題に定め、熊本大学の教職大学院・教職実践開発専攻に進むことを決めました。進学後は児童教育コースでの学びやダウン症児支援の活動経験を土台に、今の教育現場が求める特別支援の観点に立脚した授業展開やアクティブラーニングなどに関する実践研究に取り組み、より良い指導のできる小学校教諭への道を歩んでいきます。

  • 卒業後の進路

    教職大学院生

近年の主な就職先

  • 教員
    • 南阿蘇村立中松小学校
    • 合志市立西合志東小学校
    • 益城町立広安西小学校
    • 熊本市立高平台小学校
    • 筑紫野市立吉木小学校
    • 北九州市立小倉南小学校
    • 熊本市立城山小学校
    • 熊本市立力合西小学校
    • 熊本市立錦ヶ丘中学校
    • 八代市立千丁小学校
    • 熊本市立北部東小学校
  • 進学
    • 熊本大学大学院

(順不同)

進学・就職希望者数 13人

人文学科こども専攻 児童教育コース - 内定状況

専門教育科目

下記の表は横にスクロールできます。

※2年次以降の科目は年度により変更となる場合があります

印 必修

1年次 2年次 3年次 4年次
  • 国語
  • 音楽
  • 器楽Ⅰ
  • 器楽Ⅱ
  • 図画工作
  • 教師力演習
  • 生活
  • 体育
  • 教育原論
  • 教職論
  • 教育経営学
  • 教育心理学
  • 特別支援教育論
  • 小学校音楽演習Ⅰ
  • 小学校音楽演習Ⅱ
  • 図画工作演習
  • 社会
  • 算数
  • 理科
  • 理科演習Ⅰ
  • 家庭
  • 小学校英語
  • 理科教育法
  • 特別活動・総合的な学習の時間の指導
  • 教育方法
  • 生活指導論
  • 教育相談
  • 特別研究
  • 小学校音楽演習Ⅲ
  • 小学校音楽演習Ⅳ
  • 理科演習Ⅱ
  • 教育法規
  • カリキュラム論
  • 国語科教育法
  • 社会科教育法
  • 算数科教育法
  • 生活科教育法
  • 音楽科教育法
  • 図画工作科教育法
  • 家庭科教育法
  • 体育科教育法
  • 小学校英語教育法
  • 道徳教育の理論と実践
  • 小学校教育実習Ⅰ
  • 小学校教育実習Ⅱ
  • こどもと英語Ⅰ
  • こどもと英語Ⅱ
  • 卒業研究
  • 小学校音楽演習Ⅴ
  • 教職実践演習
  • 児童教育フィールドワークⅠ
  • 児童教育フィールドワークⅡ