1. HOME
  2. 学部学科
  3. 人文学部 人文学科
  4. こども専攻 児童教育コース

学部学科

学部学科Course of Study

人文学科へ戻る

人文学部人文学科

こども専攻 児童教育コース

教師力×実践力×人間力
  • 特色
    強み

    "児童教育"を深く学ぶ4年間

    児童教育に携わる者としての使命感を持ち、幅広い教養と高い専門的知識・技能を身につけた小学校教諭の育成をめざします。

    観察実習(2年次)、小学校教育実習(3年次)、児童教育フィールドワーク(4年次)などを通して児童教育に携わる者としての自覚を身につけます。

  • 目標
    資格

    小学校教諭など"児童教育"に関する専門職に

    4年間の学修を通じて、児童教育に関するあらゆる専門職に対応できる能力と実践的な指導技術を身につけます。小学校、特別支援学校の教員や児童福祉施設などの職員としての活躍、専修免許状の取得や研究者としての就職をめざした大学院進学などが目標となります。

  • 資格取得についてはこちらをご確認ください。

Message

犬童 昭久

人文学科
こども専攻 児童教育コース 
准教授

犬童 昭久

4年間を通じて取り組む
実践的な学びによって育むのは
“現場に強い”教員です

学校の多様な課題を捉え、対応する力を身につけた“現場に強い”教員を育むのが児童教育コースの特色。数多くある現場での演習・実習やフィールドワークを活かし、理想の教員をめざしましょう。

アドミッション・ポリシー
入学者受入れの方針
  1. さまざまな体験を通して自分自身を磨き、小学校教諭として活躍したい人
  2. こどもの世界と小学校教育に関心を持ちその成長を支援したい人
  3. 入学までに望まれる能力・態度・活動
    • 高等学校までに共通して学ぶ教科・科目についてのバランスのとれた幅広い基礎学力と基本的生活習慣
    • 聴く、話す、読む、書く力、他者との良好な関係を構築するためのコミュニケーション能力
    • 広く社会に関心を持ち、主体的に考えようとする態度
    • 地域活動や児童の発達などに関連する体験活動への参加
カリキュラム・ポリシー
教育課程編成の方針

 児童教育に携わる者としての使命感を持ち、豊かな人間性と高い専門知識・技能を身に付け、グローバルな視野を持って現代の教育課題に柔軟に対応できる人材を育成するためのカリキュラムを編成します。

教育課程の実施方針

1. 豊かな教養に根ざした専門的知識・技能の修得

共通教育科目等で豊かな教養を培いながら、同時に、小学校音楽演習、理科演習、図画工作演習等の独自科目を開設し、専門的知識・技能を育みます。

2. 教育における理論と実践の融合

 教科教育法、特別研究、卒業研究等を通じて、教材研究や教育実践研究の方法を身に付けられるようにし、学び続ける教育者として求められる資質・能力を育てます。また、教育課題への理解を深め、共生社会の実現という理念に基づいて主体的にその課題に取り組もうとする態度を養います。

3. 体験学修の充実

 児童教育フィールドワーク等で行われる小学校等での実習や、様々なボランティア活動を通じて、教育者としての体験的・実践的活動能力の深化・発展を図ります。

ディプロマ・ポリシー
学位授与方針
  1. 教育学やこども学、教科内容や教科教育学の考え方や理論について、自分の言葉で説明できる
  2. 教育学やこども学、教科内容や教科教育学のさまざまな研究法や技法について、実践を通して理解できる
  3. 教育学やこども学、教科内容や教科教育学の専門的知識を身につけ、現場等で活用できる
  4. 小学校等での実習やさまざまなボランティア活動における協働的・実践的な学びを通して、対応力・判断力を高め、適切に活用し問題解決を行うことができる
  5. 多様な他者を理解し、他者と共生する社会の形成に向けて、社会の動向に関心を持ち、教育者としての視点を活かしてアプローチすることができる
  6. 教育学やこども学、教科内容や教科教育学に関する卒業研究を通して、自らテーマを設定し、適切な方法で研究を進め、分析し、結果を整理して考察をまとめることができる

Close-up

  • 教職実践演習
    • 教職課程の集大成となるのが「教職実践演習」です。この科目は4年次の後期に学びます。それまでに培った教師としての資質や能力、教科指導力などを、豊富な現場経験をもつ講師の講話や実地研修、ロールプレイングや集団討論、プレゼンテーション等、バラエティに富んだ内容の授業によって磨き上げます。
    • また、この授業では学生自身が経験をもとに意見を発表する機会も多く、他者の意見を聞くことで思考が柔軟になり、幅も広がります。これにより、今後の自身の生き方を考える機会にもなります。
  • 児童教育コースの強い絆
    • 児童教育コースは、小学校教員など児童教育の専門家をめざすという共通の目標をもつ学生の集まりであり、常に切磋琢磨しています。
    • 4学年合同の研修会や交流会などを行うことで、コースの先輩・後輩間や教員・学生間の絆をつくり、親睦を深めていきます。
    • こうした交流には“学びあい”の効果もあり、互いの人間的な成長の糧となっています。

特色ある科目

  • 理科
    小学校音楽演習 Ⅰ~Ⅴ

    科学的思考力を育成し、生きる力を養うために、教科「理科」は、現在、小学校教育の中で重要視されてきています。教職をめざす学生は、この授業で、物理・化学・生物・地学の各分野を、地域教材や情報機器を活用しつつ学修し、将来教壇に立った際に、実験や観察を通して科学の面白さを伝える能力を身につけます。

  • 小学校音楽演習
    理科演習Ⅰ

    音楽は生活する上でなくてはならないものであり、小学校での指導内容には当然音楽も含まれています。音楽演習では、音楽科を指導する上で必要な知識や技能について学びます。具体的には指導要領の目標・内容を理解した上で、歌唱、器楽、音楽づくり、鑑賞の各領域において、教科書を読み解きながら授業づくりについて追究します。

  • 図画工作
    教師力演習

    多様な表現活動と共に鑑賞の活動を関連づけた指導を行うためには、それぞれの領域に含まれる具体的な理念と内容を把握する必要があります。そのために演習では身近な素材や材料を用いて制作を行い、図画工作が子どもたちにとって、より意味のある充実した学習になるように理解を深めます。

  • 教職実践演習
    児童教育フィールドワーク Ⅰ・Ⅱ

    各教科の指導及び学級経営、生徒指導、教育者としての資質等について、教育実習等での学びを通して得た知見を踏まえ、教師の使命感、対人関係や社会性、児童生徒理解や学級経営、教科の指導力等について、4年間の集大成としてさらなる学びを深め、次年度から教壇に立つための備えを行います。

学びを活かして進路を拓いた学生たち

入学時から目標にしていた
熊本の小学校教諭になれたのは実践的な学びのおかげです

人文学科
こども専攻 児童教育コース
2020年3月卒業

上田 咲希さん 
熊本県 鹿本高校出身

就職先 熊本市立 田底小学校 教諭

上田 咲希さん
  • 地元・熊本で市立小学校の先生になるのは入学前からの目標。採用が決まり、今めざしているのは子どもたちに「学校は楽しい!!」、「ここが自分の居場所!!」と思ってもらえる学級をつくること。積み重ねた実践的な学びやサークル(自閉症支援部)での経験を大いに活かし、理想とする教師像に向かって成長していこうと思っています。

  • 卒業後の進路

    小学校教諭

子ども一人一人と向きあって
個性や強みを伸ばしてあげられる
先生になるのが今の目標です

人文学科
こども専攻 児童教育コース
2020年3月卒業

栗田 佳奈さん 
熊本県 宇土高校出身

就職先 
熊本県 美里町立砥用小学校 教諭

栗田 佳奈さん
  • 教育実習でお世話になった先生方と同じ教壇に立ちたいと考え、熊本県の教員採用試験に挑み合格できたのはルーテルならではの手厚いサポートのおかげです。入職後は配属される小学校で4年間の学びの成果を発揮し、子ども一人一人の好きなこと、得意なことを一緒に見つけ、その子の強みとして伸ばしてあげられる先生になりたいです。

  • 卒業後の進路

    小学校教諭

卒業生メッセージ

近年の主な就職・進学先

  • 教員
    • 熊本市立田底小学校
    • 熊本市立山ノ内小学校
    • 熊本市立隈庄小学校
    • 熊本市立託麻西小学校
    • 熊本市立北部東小学校
    • 美里町立砥用小学校
    • 水上村立岩野小学校
    • 宇城市立不知火小学校
    • 宇土市立花園小学校
    • 西原村立山西小学校
    • 氷川町立竜北西部小学校
    • 八代市立千丁小学校
    • 大和町立清和小学校
  • 企業
    • アイティーアイ
    • 日本郵便
  • 進学
    • 熊本大学大学院

(順不同)

専門教育科目

下記の表は横にスクロールできます。

※2年次以降の科目は年度により変更となる場合があります

印 必修

1年次 2年次 3年次 4年次
  • 国語
  • 音楽
  • 器楽Ⅰ
  • 器楽Ⅱ
  • 図画工作
  • 教師力演習
  • 生活
  • 体育
  • 教育原論
  • 教職論
  • 教育経営学
  • 教育心理学
  • 特別支援教育論
  • 小学校音楽演習Ⅰ
  • 小学校音楽演習Ⅱ
  • 図画工作演習
  • 社会
  • 算数
  • 理科
  • 理科演習Ⅰ
  • 家庭
  • 小学校英語
  • 理科教育法
  • 特別活動・総合的な学習の時間の指導
  • 教育方法
  • 生活指導論(進路指導含む)
  • 教育相談
  • 特別研究
  • 小学校音楽演習Ⅲ
  • 小学校音楽演習Ⅳ
  • 理科演習Ⅱ
  • 教育法規
  • カリキュラム論
  • 国語科教育法
  • 社会科教育法
  • 算数科教育法
  • 生活科教育法
  • 音楽科教育法
  • 図画工作科教育法
  • 家庭科教育法
  • 体育科教育法
  • 小学校英語教育法
  • 道徳教育の理論と実践
  • 小学校教育実習Ⅰ
  • 小学校教育実習Ⅱ
  • こどもと英語Ⅰ
  • こどもと英語Ⅱ
  • 卒業研究
  • 小学校音楽演習Ⅴ
  • 教職実践演習
  • 児童教育フィールドワークⅠ
  • 児童教育フィールドワークⅡ