1. HOME
  2. お知らせ
  3. お知らせ詳細

お知らせ

1つ前へ戻る

菊池市不登校対策協議会の研修会で「不登校等の要因理解と対応」について本学教員が講師を務めました。

2019-06-04

  研究ブランディング事業「学校現場で苦戦するこどもたち、その保護者、教師に対して適切な対応を行うための教育支援事業」の一環として、事業を担当する緒方宏明教授が、菊池市不登校協議会の研修会にて「不登校等の要因理解と対応について~こころの問診票の活用を通して~」をテーマに講師を務めました。

 本研修会には、各学校の校長及び不登校対策の担当者の参加(約40名)があり、学校現場における不登校やいじめ等に対し、「こころの問診票」の活用(菊池市全ての小中学校に実施予定)により、どのような対応が可能か具体的な例をあげて説明を行いました。

本学と菊池市は2019(平成31)年3月から包括連携協定を結んでおり、研究ブランディング事業として今後、教育支援事業をはじめとして、いろいろな活動を菊池市と協力して展開していく予定です。

        2019.6.4①.png        2019.6.4②.png