1. HOME
  2. お知らせ
  3. お知らせ詳細

お知らせ

1つ前へ戻る

対面式授業の一部開始に関するお知らせ

2020-05-27

学生のみなさんへ

対面式授業の一部開始に関するお知らせ

2020年5月25日
九州ルーテル学院大学長
広渡 純子

  遠隔授業による前期開講からまもなく1か月が経とうとしておりますが、新しい取組に対するこれまでの学生のみなさんのご理解とご協力に、あらためまして心より感謝いたします。
 さて、新型コロナウイルス感染症に関して、国の緊急事態宣言の解除により熊本県の休業要請が5月20日に終了となりました。これに伴い、本学も6月からの授業について検討した結果、6月4日(木)から一部の科目について段階的に対面式での授業を、下記のとおり実施することといたしますので、必ず確認してください。
 ただし、対面式授業の開始にあたっては、一人ひとりがマスク着用、手洗い励行、3密(密閉、密集、密接)を避けるなどの感染防止対策に努めることが不可欠です。これらがしっかりと守られたうえで、はじめて対面式授業が可能となります。学生のみなさんは、大学内だけでなく私生活においても、このルールをしっかりと守っていただくことを切に願います。
 なお、今後の状況の変化により、授業の実施方法に変更が生じた場合は、対面式授業を中止し、遠隔授業を行うこともありますので、その際はあらためてお知らせします。

1.対面式授業の一部開始について
(1)6月4日(木)から、演習・実習及び実技科目のうち、次の授業科目については、対面式授業を開始します。
情報基礎、統計学、秘書学、情報検定演習、家庭、器楽、音楽科教育法、音楽、小学校音楽演習等対面式授業を行う科目については、教務ポータルシステム(Active Academy)のお知らせ欄で 確認してください。

(2)6月11日(木)から、原則として授業科目の履修者数が50人未満の科目について、対面式授業を開始します。

(3)受講者が概ね50名を超える授業については、感染防止の重要性に鑑み、一定の双方向性を担保しつつ、可能な範囲でMoodle上に動画や課題を掲載する「オンデマンド式での授業」(遠隔授業)を継続することとします。

(4)以下に該当する場合は、遠隔授業を行う場合があります。
①授業担当教員の職務上の事由等により対面式授業ができない場合
②50人未満の授業科目であっても、遠隔授業の実施が対面式授業の質を十分に補完できると判断できる場合


2.時間割について

 登学する際の感染リスクを軽減するため、Ⅰ限目の授業開始を20分遅らせて、次の時間割とします。なお、礼拝時間を昼休みに設定しますので、参加してください。

Ⅰ限(9:00〜10:30)  Ⅱ限(10:40〜12:10) 昼休み(12:10〜13:00)
Ⅲ限(13:00〜14:30)  Ⅳ限(14:40〜16:10) Ⅴ限  (16:20〜17:50)


3.対面式授業の実施にあたって
 新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から、以下の事項を遵守した上で受講してください。

(1)登学前に検温及び体調を確認し、体調不良の場合は大学に連絡してください。また、同居家族等の密接な関係にある方が新型コロナウイルス感染症と思われる体調不良となった場合には大学に連絡し、登学を中止してください。
 なお、上記に該当する場合は、その後登学した際に、教務課で「新型コロナウイルス感染症に関する公認欠席届」を受領し、必要事項を記入の上、教務課に提出してください。通常の公認欠席の扱いと同様の手続に則り、公認欠席として取り扱います。

(2)授業の際には、マスクの着用を求めます。やむを得ない事情で着用ができない場合は、事前に申し出てください。

(3)教室入室前には、各フロアに設置してある消毒液で、手指消毒を徹底してください。

(4)授業ごとに、着席する場所を指定します。

(5)出席カードと健康状態チェックシートを活用し、授業ごとに健康状態を確認し、学生の皆さんの体調管理を行います。

(6)授業終了後は、速やかに帰宅してください。

 

4.学生生活に関する連絡事項
(1)『学生証』の配付について
 本年度から、すべてのみなさんの学生証が「ICカード」に変わりました。
 2年生、3年生及び4年生のみなさんは、現在持っている学生証と引き換えに、新しいICカードの学生証をお渡ししますので、旧学生証を持って、学生支援課まで受け取りに来てください。

(2)『進路カード』の提出について
 2年生及び3年生のみなさんは、郵送していた『進路カード』を学生支援課に提出してください。

 その他、学内並びに学外において遵守いただきたい内容の詳細は、別途定めた「対面授業の一部開始にあたっての学生生活に関する遵守事項について(注意喚起)」に示していますので、必ず精読してください。


 遵守事項について(注意喚起).pdf