1. HOME
  2. お知らせ
  3. お知らせ詳細

お知らせ

1つ前へ戻る

新型コロナウイルス感染症の感染防止の徹底について(注意喚起)

2020-07-28

2020年7月28日

学生のみなさんへ

副学長  松本 充右

副学長  河田 将一

 

新型コロナウイルス感染症の感染防止の徹底について(注意喚起)

 

 7月27日(月)に熊本市で新規感染が過去最高の6例確認されたことを受けて、熊本県及び熊本市が定める感染リスクレベルが「レベル3<警報>」へ引き上げられました。

 県内の感染状況は、とくに本日28日(火)正午までの直近8日間の県内の新規感染者が67名と急激に増加しています。直近の内訳では、熊本市で26日(日)に4名、27日(月)に6名の感染者が確認され、22日(水)には天草保健所管内、26日(日)には有明保健所管内と山鹿保健所管内、27日(月)は菊池保健所管内、本日は八代保健所管内で感染者が確認され、県内各地に感染が拡大しています。中でも有明保健所管内と山鹿保健所管内で、事業所や介護施設を起点とする多数のクラスター感染が確認されており、さらなる感染拡大が懸念されています。また、熊本市の事例では、感染者の飲食店での会食による従業員の感染も確認されています。

 全国でも東京、大阪、福岡をはじめとして、多くの自治体で過去最高の感染者が確認されており、その多くが20歳~30歳代となっています。

 一方で、大学生の感染も非常に多くなっていて、九州では、福岡県内は複数の大学で感染者が確認され、長崎県内、宮崎県内、鹿児島県内の大学でも感染者が確認されているとともに、26日(日)には「県内大学の学生の感染」が確認されました。

 以上を踏まえ、本学においても一層の感染防止に努めるよう気を引き締めていくとともに、学生のみなさんには、あらためて5月27日に大学ホームページに掲載した①「対面式授業の一部開始に関するお知らせ」における「3.対面式授業の実施にあたって」、②「対面授業の開始にあたっての学生生活に関する遵守事項について(注意喚起)」、並びに5月29日に掲載した③「『自己健康観察シート』の活用について」を精読の上、遵守してください。

 また、熊本県及び熊本市からの要請に基づき、不要不急の場合を除いて、県境を越えた移動を控えていただくとともに、アルバイト先等での感染防止にも十分配慮してください。

本学で学ぶ学生のみなさんが日ごろから心がけている「思いやりのある行動」が、自分自身を守るだけでなく、家族や友人、他者をも守ることを肝に銘じて、一人一人が自覚ある適切な行動をとっていきましょう。

①.対面式授業の一部開始(学生向け周知).pdf

②.遵守事項について(注意喚起).pdf

③.「「自己健康観察シート」の活用について」.pdf