1. HOME
  2. お知らせ
  3. お知らせ詳細

お知らせ

1つ前へ戻る

課外活動の一部再開の停止について

2020-12-15

課外活動の一部再開の停止について

副学長 河田 将一

 10月9日(金)付の大学ホームページにて、学生のみなさんの課外活動について、許可制による一部再開を行う旨の通知をして以降、申請のあった団体に対して十分な感染防止策を講じた上での活動を許可してきました。

 しかしながら、12月14日(月)付で熊本県及び熊本市が定める感染リスクレベルが「レベル5<厳戒警報>」に引き上げられたこと並びに以下の理由により、課外活動の一部再開については一旦停止し、時機を判断してあらためて通知することとします。

1.12月14日(月)に、熊本県及び熊本市が定める感染リスクレベルが「レベル5<厳戒警報>」に引き上げられたこと。

2.12月8日(火)から12月13日(日)までの新規感染者が155名と急激に増加していること。(熊本県ホームページより)

3.県内各地に感染が拡大し、熊本市をはじめ県内でクラスター感染が確認されていること。

4.県内の複数の大学で、複数の学生の感染が確認されていること。

 なお、「感染防止対策を講じてのオンラインによる活動」については、学生同士の交流や絆を育み、それぞれの活動を継続する点でも有益で、本通知によって停止するものではありませんが、参加の強制、差別や誹謗中傷及びそれらのSNSでの拡散などが絶対にないようにしてください。

 学生のみなさんには、3密の防止、マスクの着用、手洗い・消毒など、日ごろから新型コロナウイルスの感染拡大を防止する対策を講じていただいていますが、今一度気を引き締めて、私たち教職員も含めて一人一人が、学内・学外によらず、より一層の細やかな対策を講じていくことが重要です。

 あらためて、みなさんの「思いやりのある行動」が、自分自身を守るだけでなく、先輩後輩、家族や友人、他者をも守ることを肝に銘じて、自覚ある適切な行動をとっていきましょう。