1. HOME
  2. お知らせ
  3. お知らせ詳細

お知らせ

1つ前へ戻る

新型コロナウイルス感染症にかかる感染防止対策の強化について(第2報)

2021-04-30

2021年4月30日

 

学生のみなさんへ

 

                                                副学長(教務担当)  松本 充右

                                                  副学長(学生支援担当)河田 将一

  

新型コロナウイルス感染症にかかる感染防止対策の強化について(第2報)

 

 本日、新型コロナウイルス対策本部会議を開催し、熊本県内の感染状況、学校等での感染状況等を精査し、対応を協議しました。

 これを受けて、本学では、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、以下に示す対策を行います。

 学生のみなさんの学修機会を適切に確保するために、また、自他相互の学修に支障をきたすことのないように、対策強化へのご理解とご協力をお願いします。

 

                      記

※対応期間

 5月6日(木)から当面の間

 

1.登学

 特別に許可された授業を除き、やむを得ない場合を除いて、登学を控えてください。

構内での感染リスクの軽減と万一の場合の自他の安全管理・措置対応を丁寧に行う必要があるため、登学する必要のある場合は、必ず事前に学生支援課に電話をして、指示を仰いでから登学すること。

 また、登学した場合は、用件が済みしだい速やかに帰宅すること。

 

2.授業

 原則遠隔のみとする。

 ただし、対面での実施が必要と判断した科目は対面による。

 Active Academyに時間割と留意事項を掲載するので、確認すること。

 

3.実習

 実習先・関係団体から許可のある実習においては、PCR検査の受検をした上で、実習に臨むこととする。

なお、受検の費用は、「実習費」から負担することとする。

 実習先・関係団体から中止・延期の依頼のあった実習においては、その旨を学生に伝達し、別途対応を協議する。

 これらの詳細については、各実習の担当教員の指示を仰ぐこと。

 

4.課外活動

 全面停止(オンラインでの活動は可)

 HPに示す「課外活動の停止について」を精読すること。

 

5.ボランティア活動

 大学に派遣依頼があり、活動先の責任の下に、感染防止対策、保険・補償等の対応がある場合の個人の活動に限り、活動を許可する。

 HPに示す「ボランティア活動の開始・再開に関する基本方針について(第4報)」を精読すること。

 

6.就職活動

 原則遠隔のみとする。

 やむを得ず、面談・面接等で県外へ移動した場合、帰着後2週間は自宅等で授業に出席することとする。

 検定の申し込みについては、学生支援課に連絡すること。

 

.学内施設利用

 原則利用不可とする。

 図書館は貸出利用のみとし、利用する場合は、自己健康観察シートの届出を行い、許可制によるものとする。

 

8.学生生活

 HPに示す「学生生活にかかる行動指針の更新について(第6報)」を精読の上、遵守すること。