1. HOME
  2. お知らせ
  3. お知らせ詳細

お知らせ

1つ前へ戻る

課外活動の停止について

2021-04-23

課外活動の停止について

 

副学長 河田 将一

 

 新型コロナウイルスの変異型への感染が県内でも拡大の一途をたどっており、課外活動については、4月19日(月)付の大学ホームページにて、許可した団体等に対して、一層の感染防止対策の徹底に関する注意喚起を行いました。

 

 しかしながら、4月23日(金)に熊本県が定める感染リスクレベルが「レベル5<厳戒警報>」に引き上げられたこと、並びに以下の理由により、4月26日(月)以降の課外活動については、一旦停止することとし、時機を判断してあらためて通知することとします。

 現在活動を認めている団体等においては、活動を停止するようお願いします。

 

1.4月23日(金)に、熊本県及び熊本市が定める感染リスクレベルが「レベル5<厳戒警報>」に引き上げられたこと。

 

2.4月15日(木)からの4月22日(木)までの新規感染者が、224名と急激に増加していること。

(熊本県ホームページより)

 

3.変異型ウイルスの感染力が従来型より強く、感染が低年齢化の傾向にあることが疫学調査で示唆されており、県内の複数の高校・大学で、課外活動・部活動に関連する複数の生徒・学生の感染が確認されており、一部にクラスターが発生していること。

 

なお、「感染防止対策を講じてのオンラインによる活動」については、学生同士の交流や絆を育み、それぞれの活動を継続する点でも有益で、本通知によって停止するものではありませんが、参加の強制、差別や誹謗中傷、及びそれらのSNSでの拡散などが絶対にないようにしてください。

 

 一方、ボランティア活動に関しては、「団体等の活動」は停止し、「新型コロナウイルス感染防止に伴う『ボランティア活動の開始・再開に関する基本方針』について(第4報)」に基づく「個人の活動」についてのみ認めることとします。その際は、必ず学生支援課に届出をしてください。

 

  学生のみなさんには、3密の防止、マスクの着用、手洗い・消毒など、日ごろから新型コロナウイルスの感染拡大を防止する対策を講じていただいていますが、今一度気を引き締めて、私たち教職員も含めて一人一人が、学内・学外によらず、より一層の細やかな対策を講じていくことが重要です。