1. HOME
  2. お知らせ
  3. お知らせ詳細

お知らせ

1つ前へ戻る

≪重要≫【日本学生支援機構 給付奨学生以外の方】「学生等の学びを継続するための緊急給付金」事業の実施について

2021-12-28

新型コロナウイルス感染症の影響により経済的な困難を抱える学生等に対し、昨年度に引き続き、緊急的に学資を支援するための給付金(学生等の学びを継続するための緊急給付金:10万円)が支給されることとなりました。

URLはこちら→  文部科学省ホームページ

1.支給金額

10万円 

2.支給対象者

本学に在籍する学部生、大学院生であり、以下の「3.支給対象となる要件(基準)」に該当する者

3.支給対象となる要件(基準)

※全ての要件を満たしていない場合でも、申請できることがあります。2022年1月6日までに学生支援課の窓口かメール(gakusei@klc.ac.jp)にてご相談ください。

以下の①~⑤を満たす者として大学等が推薦する者

①原則として自宅外で(家賃を支払って)生活をしていること

(自宅生についても、経済的に家庭から自立している学生等は対象)

②家庭からの多額の仕送りを受けていないこと

(年間150 万円以上(授業料を含む 入学料を含まない)を目安)

③家庭(両親のいずれか)の収入減少等により、家庭からの追加的支援が期待できないこと

④新型コロナウイルス感染症により、アルバイト収入に以下のいずれかの影響があること(アルバイト収入には、休業手当等を含みます)

1)新型コロナウイルス感染症の影響で想定していたアルバイト収入が得られない状況が継続している

2)コロナ禍前と比較して、2020年1月以降にアルバイト収入が大きく減少(50%以上)し、その状況が本年度になっても改善していない

3)アルバイト収入に変化はないが、家庭の経済状況が悪化したこと等の理由により、アルバイト収入を増やさざるを得ず、修学の継続が困難となっている

⑤ 既存制度について以下の条件のうちいずれかを満たすこと

1)高等教育の修学支援新制度に申込みをしている者又は利用を予定している者であって、第一種奨学金(無利子奨学金)の限度額まで利用している者

2)高等教育の修学支援新制度の対象外であって、第一種奨学金(無利子奨学金)の限度額まで利用している者

3)要件を満たさないため高等教育の修学支援新制度又は第一種奨学金(無利子奨学金)を利用できないが、大学等独自の奨学金や民間等を含め申請が可能な支援制度、外国人留学生学習奨励費等を利用している者又は利用を予定している者

4.申請手続き

添付の「『学生等の学びを継続するため の緊急給付金』 申請の手引き (学生・生徒用)」給付金申請の手引き.pdf

を確認し、申請期限内に必要書類を提出してください。

なお、添付様式1,2については添付データを利用してください。

※推薦処理の都合上、申請期限後は一切受付けることができません。

また、期限内に申請をした場合においても、書類の不備が1月14日(金)までに解消されなかった場合は、申請を取り下げとします。余裕をもって手続きをお願いします。 

【申請期限と提出先】 2022年1月11日(火)18時 学生支援課

【申請書類】

・様式1「学生等の学びを継続するための緊急給付金申請書」(1)申請書.pdf

※多子世帯(同一生計内に子が3人以上)やひとり親世帯は、「3.申し送り事項」にその旨を必ず記載してください。

・様式2「学生等の学びを継続するための緊急給付金を受けるための要件に係る誓約書」(2)誓約書.pdf

 ・自宅外の証明書類

・・・アパート等の賃貸契約書の写し、直近の家賃の支払い根拠書類、住民票の写し等

 ・アルバイト収入に関する証明書類

   ・・・給与明細または振込口座の預貯金通帳のコピー等

(2020年1月以降の2か月分で減少がわかるものを提出してください。減少がわかるものが昨年度に係るものである場合、本年度のアルバイト収入が改善していないことがわかるものも添付してください。)

・他の公的支援措置を受けている場合の受給証明書等(提出可能な場合)

・以下に係る認定書の写し(提出可能な場合)

・・・第一種奨学金(奨学生証)、大学等独自の奨学金、民間等による支援制度等

5.支給方法

申請者本人名義の口座に振り込みます。本人名義の口座が無い人は、緊急給付金の申込までに利用できる口座を開設しておいてください。

※支給の決定について、大学から個別通知は行いません。口座への振込みをもって、

支給決定の通知に代えます。振込時期は未定です。通帳記帳により確認ください。

 

お問い合わせ先:学生支援課 木村・坂本

Tel:096-341-1168(直通)