1. HOME
  2. 大学案内
  3. 学長メッセージ

学長メッセージ

地域に夢がある、世界に学びがある、
夢と学びをつなぐ大学をめざして

 バス停から続く坂道を上がると、欅(けやき)、銀杏(いちょう)、楠(くす)などの大木に囲まれた九州ルーテル学院のキャンパスがあります。小さなキャンパスですが、緑の木陰に四季折々の草花が彩りをそえ、早朝には小鳥の声が聴こえる自然豊かなキャンパスです。この場所に1926(大正15)年に「九州女学院」が創立され、その長い歴史と伝統を受け継いで1997(平成9)年に九州ルーテル学院大学が誕生しました。
 本学は、創立当初よりキリスト教に基づく「グローバルな視野とボランティア精神を培う」教育をとおして、多くの卒業生を企業、教育・保育、心理・福祉関係などさまざまな働きの場へと送りだしてきました。目の前の出来事だけを見るのではなく広く世界から学び、人間や世界の多様性とその豊かさを知ることをとおして、それぞれの個性や違いを尊重し活かし合う地域や世界をつくる一人になってほしい。また、予測不能な出来事や正解のない問題に対しても自分の頭と心を大いに動かして取り組む一人になってほしい。これが本学の願いです。
 九州ルーテル学院大学は、「夢と学びをつなぐ大学」として、少人数教育の強みをフルに発揮して、夢に向かって進むみなさんをサポートします。みなさんも九州ルーテル学院大学で一緒に学びませんか?

九州ルーテル学院大学 学長  
 広渡 純子