1. HOME
  2. 研究・地域連携
  3. おしらせ
前ページへ戻る

おしらせ

ダウン症支援部がクリスマス会に参加しました<主催:公益財団法人日本ダウン症協会熊本支部>

2019-12-23

 12月8日(日)に公益財団法人日本ダウン症協会熊本支部のクリスマス会が本学の体育館にて開催され、本学のダウン症支援部の学生が参加しました。
 ダウン症支援部には、1年生から4年生まで76名の学生が所属していて、当該団体の療育活動の全面支援を行っています。活動は年齢順にもも(乳児)、あか(幼児)、あお(小学生)、き(中学・高校生)、みどり(青年・成人)の5グループがあり、学生は各グループ15名程度に分かれて支援にあたっています。
 今回のクリスマス会には、当該のダウン症児・者78名ときょうだい児14名。同協会天草支部のダウン症児・者9名ときょうだい児1名が参加し、ダウン症支援部の学生が支援にあたりました。
 会は、クリスマスツリーの点灯から始まり、その後、各グループそれぞれが趣向をこらしたダンスや楽器の演奏を披露しました。また、4年生が様々なコスプレをして、クリスマス会に参加したダウン症児・者、きょうだい児にクリスマスプレゼントを配りました。最後は、全員で「まあるいえがお」というダンスを踊り、盛り上がりました。ダウン症児・者、きょうだい児、保護者の皆さんから「とても楽しかった」「また来年も来たい」などの嬉しい感想を頂きました。
 学生は、より良く楽しんでもらえるように、準備の段階から多くの製作物を作成し、発表内容についての話し合いを積み上げてきました。また、普段の活動でも、クリスマス会の練習をしてダウン症児・者、きょうだい児と当日に向けて共に頑張ってきました。参加した学生は「一人一人の学生がダウン症児・者、きょうだい児と触れ合い、さらに仲が深まりました。」と、語っていました。

ダウン①.JPG

ダウン②.JPG