1. HOME
  2. 研究・地域連携
  3. おしらせ
前ページへ戻る

おしらせ

「地域の家族見守りサポーター」養成講座フォローアップ研修を行いました (合志市との包括連携協定に基づく地域貢献活動について⑦)

2020-02-13

  2月6日(木)本学教員による「地域の家族見守りサポーター」養成講座フォローアップ研修を合志市総合センターヴィーブルで実施しました。

  この研修は、1月22日に実施された講座と同様に、これまで「地域の家族見守りサポーター」として認定・登録されている方々が対象で、今後、地域に貢献するサポーターとなることを大きな目標としています。

  今回の講座は、15人のサポーターが参加され、本学の西准教授が、「地域ネットワークと地域の気づき」についてディスカッションを交えながら、グループワークで楽しく研修を行いました。
「地域の家族見守りサポーター」制度をうまく運用させるためには、まずはサポーター同士が互いに尊重し合うことが重要であり、その上で地域のネットワークを協働しながら構築することが大切であることを全員で確認しました。また、サポーター同士による地道な情報交換やねぎらい等が大きな成果につながることを学びました。参加者同士での意見交換も活発に行われ、和気あいあいとした2時間となりました。

  安心して生活できる合志市の居住環境づくりを目指す「地域の家族見守りサポーター」養成講座は、平成27年度から始まり、修了生は地域に貢献するサポーターとして、さまざまな活動を積極的に推進していらっしゃいます。平成30年度から開始したこのフォローアップ研修は、こうした地域貢献活動をより一層フォローするため、研修内容を実情に合ったものにバージョンアップしながら今後も開催していく予定ですので、こうした活動に興味をお持ちの方は、合志市女性・こども支援課、もしくは本学研究ブランディング推進本部(℡096-343-1600)までお問合せください。

       DSC_0018.JPG                                                       地域のネットワーク構築の発表

       DSC_0056.JPG                   お互いを称える活動