1. HOME
  2. 資格・進路
  3. 就職支援

資格・進路

資格・進路Qualification & Promotion

就職支援

キャリア支援の流れ

入学早々から卒業まで学生をサポート

入学早々から展開される多様なキャリア支援プログラムで“将来の自分さがし”を行い、続く就職支援プログラムで得るきめ細かな指導やアドバイスから自身に最適な進路を見定める。
ルーテルではこうした流れで学生一人一人の夢の実現をサポートしています。

キャリア支援の流れ
Step①
自分さがし
未来さがし




[正課授業]

  • フレッシュマン・ゼミ
  • 社会力育成論
  • 秘書学
  • キャリアデザインⅠ
  • 職場体験学修
  • 異文化圏体験学修
  • ボランティア体験学修

[その他]

  • 2年生全員個別面談
Step②
進路さがし


[正課授業]

  • キャリアデザインⅡ
  • 職場体験学修
  • 異文化圏体験学修

[その他]

  • 3年生全員個別面談
  • 夏季就職支援特別講座
  • 冬季就職支援特別講座
  • KLC就活講座
  • 集団討論・面接対策講座
  • 出張ハローワーク個別面談
  • ペプ・ラリー(活力集会)
  • 合同企業説明会
  • 個別企業説明会
Step③
自分みがき


[その他]

  • 合同企業説明会
  • 個別企業説明会

九州ルーテル学院大学は、在学生の約90%が熊本県内の出身者であり、そのほとんどが地元への就職を希望しています。この希望を受けて学生支援課では、九州の優良企業を中心に企業動向や就職環境の変化を把握し、学生にとって役立つ情報を提供し、一人一人のニーズに合わせた手厚いサポートをしています。これらの支援と学びの充実が合致することで、例年高い就職率を達成。さまざまなシーンで活躍する本学の卒業生は、数多くの企業や組織、施設、団体から高い評価を得ており、社会のニーズに適応した質の高い人材を輩出する教育機関として認知されています。

就職・進路支援
将来の進路に向けて人間力・社会人基礎力を身につけ、目標に向かって自ら考え、行動するためのアドバイスを行います。また、社会環境を理解し、就職活動を行う際に必要とされる基礎学力や社会人としてのマナーを修得するなど、それぞれの進路に沿った実践力を養成し、学生一人ひとりの進路選択にマッチした支援を行います。
職場体験学修
夏期および春期の長期休暇中に職場体験学修を実施しています。
現場での仕事体験を通して就業意識を高め、実社会への適応能力を身につけるとともに、自分が就きたい仕事を明確にすることができます。
個人面談
就職を希望する全学生への個人面談を実施します。実際の企業面接におけるシミュレーションとしてビデオ録画を活用した指導に加え、希望する業界や職種に関する質問や相談についても、親身かつ的確なアドバイスを提供し、目標達成へのフォローをします。
資格取得支援
秘書検定やサービス接遇検定、TOEIC®、実用英語技能検定をはじめ、就職活動時に有利な各種検定試験が学内で受験できます。合格のための指導も、学生個々の希望に応じて実施しています。
合同企業説明会・学内単独説明会
就職活動解禁となる3月は、各所で合同企業説明会が開催されます。
特に多くの企業や施設などが出展する福岡市内で開かれる説明会には本学からバスにて参加しています。4月からは各企業、施設や保育所などから人事担当者を招き、本学内で説明会を行います。各企業の特徴や求められる人材像、働く目的などについて、直接話を聞くことにより、職業選択に関する視野を広げる機会にもなります。これらは社会の現実を理解し、進路・就職のミスマッチを防ぐことにもつながります。現場のリアルタイムな情報が聞けるこのようなセミナーを多くの学生が有効に活用しています。
過去5年間の求人件数と
進路決定率の推移
(斡旋不要者を除く)