託麻まちづくりセンターで「英語であそぼう」講座を実施しました

託麻まちづくりセンターで「英語であそぼう」講座を実施しました

2022年9月25日(土)14時から託麻まちづくりセンターで本学教員ケビン・アクストン准教授とボランティア学生が、地域の小学生(20人)とその保護者を対象に「英語であそぼう」講座を約90分間実施しました。

今年も新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、人数を絞った形で募集しましたが、多くの参加希望者がありました。なかには毎年参加してくれる常連さんもいて、フレンドリーな雰囲気の中で実施することができました。

講座は、楽しい会話と英語を使った遊びが盛りだくさん。生活に密着した物の名前をゲームにして、広い会場をいっぱいに使って楽しみました。

■カテゴリ: others

2022年度保育コース卒業生研修会を開催しました(2022.8.27)

2022年度保育コース卒業生研修会を開催しました(2022.8.27)

8月27日(土)に、保育コース卒業生研修会を行いました。昨年度に引き続き、今年もZoomによるオンライン研修会として実施しました。2021年度の卒業生に参加を呼びかけ、当日は25名の卒業生が懐かしい仲間と共に出席してくれました。

研修の前半は、永野典詞教授による講義「仕事を楽しくするためのメソッド―ストレスマネジメント―」を、後半はグループに分かれて卒業生同士の情報交換を行いました。

参加者からは「自分だけでなく、みんな同じ悩みや葛藤を抱えていることを知り励みになりました」「オンラインというのがもどかしいけれど、仲間と会えて元気をもらいました」「悩みを抱えたときは友人や先生を頼れば良かったんだ、と改めて思えました」など、多くの感想をもらいました。

卒業生が英気を養うべく帰ってくる場として、今後もこのような機会を大切にしていきたいと思います。

■カテゴリ: others

教職員対象のキリスト教講座を開催しました

教職員対象のキリスト教講座を開催しました

「感恩奉仕」に則ったキリスト教主義の人格教育を基本理念に掲げる本学では、祈りと共にキリスト教学校の使命と役割について理解を深めるため、教職員を対象とした「キリスト教講座」を開催しています。

今年度は、8月22日(月)に、2016年3月まで本学の院長・学長を務めた清重尚弘名誉院長・学長を講師に招き実施しました。「建学者の精神をいまに」と題し、創立100周年を前に改めて建学者の精神を再確認するとともに、14年にわたる院長・学長在職中の経験や、現在も受け継がれる「現場主義」の取組にかけた想いを熱く語られました。講演後は、歓談の時間が設けられ教職員と旧交を温めました。

■カテゴリ: others

ペプ・ラリーを開催しました

ペプ・ラリーを開催しました

9月10日(土)に2、3年生を対象に就職・進路のための活力集会「ペプ・ラリー」を今年も開催しました。

ペプ・ラリーとは、ペップ(Pep)「活力・元気」と、ラリー(Rally)「集会・大会」を合わせた造語で、本学伝統の行事です。皆さんご存知ですか?

第1部では株式会社マイナビ担当者から講演会、第2部では卒業生、4年生の内定者合計6名によるパネルディスカッションが行われました。身近な先輩方から、在学時の過ごし方や普段聞けないような就活のアドバイスを受け、これから始まる就職活動に向けて考える良い機会となりました。

今後も学生の皆さんで就職・進路について相談したいことがあればいつでも学生支援課に来てください。お待ちしています!

■カテゴリ: others

(短期異文化圏体験学修)フィンランド研修を実施中です!

(短期異文化圏体験学修)フィンランド研修を実施中です!

8月25日(木)にフィンランドに16名の学生が出発しました。

フィンランド研修は本学では初めてのプログラムとなり、主に保育園と小学校でボランティア体験、文化体験を行っております。

異文化圏でたくさんのことを体験してきてください。帰国後のお土産話を楽しみにしています♪

■カテゴリ: Lectures

熊本西高校NAISが行われました(その2)

熊本西高校NAISが行われました(その2)

熊本西高校NAISの当日の写真を2つの記事に分けて掲載します!

■カテゴリ: others

熊本西高校NAISが行われました(その1)

熊本西高校NAISが行われました(その1)

8/29(月)、8/31(水)の2日間にわたり、熊本西高校アカデミックインターンシップ(NAIS)が本学で行われました。チャペルでの全体会の後、4301、1406教室で人文学科及び心理臨床学科の模擬授業が実施されました。昨年はオンラインでの開催でしたが、今回、初の対面型の模擬授業に総勢113名の熊本西高校1年生が来学されました。受講する生徒たちの表情はいずれも真剣で、感想としては「とても楽しかった」、「面白かった」、「あっという間に過ぎました」など、大学を知る有意義な機会になったようです。

8/29(月)63名 、8/31(水)50名 計113名

10:00  全体会(チャペル)       10:50  人文学科模擬授業(4301)

12:40  心理臨床学科模擬授業(1406) 13:50~ まとめ

■カテゴリ: Events

山都町SDGs体験ツアーに参加しました。

山都町SDGs体験ツアーに参加しました。

8月22日(月)~24日(水)の2泊3日で、9名の学生が山都町SDGs推進室が企画した「山都町SDGs体験ツアー」に参加しました。

山都町は有機農業が国内で最も盛んな地域であることに加え、豊かな自然を守る昔ながらの持続可能な地域社会が評価され、2021年にSDGs未来都市の認定を受けています。

「グローバル・スタディーズ」の授業の講師としてお越しいただいたことがきっかけとなり、無農薬トマトの収穫・AIを使ったスマート農業・耕作放棄地で育てたピーマンの収穫・収穫した野菜を使って夕食作りなど(指導くださったのは本学の卒業生でした!)、様々な体験をさせていただきました。

山都町役場のSDGs推進室を始め、山都町のみなさん、本当にありがとうございました!

■カテゴリ: others

海外留学B・異文化圏体験学修(イギリス):留学を再開しました!

海外留学B・異文化圏体験学修(イギリス):留学を再開しました!

コロナ禍における各国の入国規制などによって、この2年間は海外への学生派遣をすることができませんでしたが、2022年度から再開しました。

8月18日(木)に、イギリスのバートンアンドサウスダービシャー大学に派遣する11名の学生たちが出発しました。なお、8月25日(木)にフィンランドに16名の学生が出発します。

コロナ禍において、留学・異文化圏体験学修に参加できなかった卒業生も多い中、本年度参加する学生たちは是非、様々な経験を積んできてほしいと願っています。

 

 

■カテゴリ: Events

ダウン症支援部が療育キャンプの支援を行いました。

ダウン症支援部が療育キャンプの支援を行いました。

8月20日(土)~21日(日)に、阿蘇プラザホテルにて実施された「日本ダウン症協会熊本支部の夏季療育キャンプ」において、ダウン症支援部の学生が支援にあたりました。

 

ダウン症支援部の活動や、今回の療育キャンプについては、こちら(PDF)をご覧ください。

■カテゴリ: others

【記事紹介】「金曜教室」~学習支援20年目を迎えて~

【記事紹介】「金曜教室」~学習支援20年目を迎えて~

本学の活動である「金曜教室」が20年目を迎え、熊本日日新聞と独立行政法人福祉医療機構が運営する福祉・保健・医療の総合情報サイト「WAM NET」に掲載されました。

 

「金曜教室」とは本学教員指導のもと、学生ボランティアを主体に発達障害のある児童や生徒の学習支援を行います。
小学校1年生から高校3年生までの児童生徒たち各々に、学生ボランティア1~2名が支援し、対象児や保護者のニーズに合わせた課題に取り組みます。楽しく学習することで明るく活動し、ストレス解消を図れます。学習支援を超えた心理的側面も支援し、学校以外の居場所を提供する教室です。

詳細については、下記に掲載されています。ぜひご覧ください。
・熊本日日新聞 2022年7月31日付 P.22
・独立行政法人福祉医療機構が運営する福祉・保健・医療の総合情報サイト「WAM NET」

■カテゴリ: others

【新聞記事紹介】「放課後等デイサービス」制度化10年 ~河田副学長インタビュー~

【新聞記事紹介】「放課後等デイサービス」制度化10年 ~河田副学長インタビュー~

学齢期の障がい児を預かる放課後等デイサービス(放課後デイ)について、制度化されて10年を迎え、本学河田将一副学長が、熊本日日新聞より取材を受けました。

記事では、放課後等デイサービスについて、障がい児を持つ家族らにとって欠かせない存在になる一方、専門知識のないスタッフの配置、個別支援計画すら策定できていない事業所の存在など、支援の質の確保、支援する施設側の情報公開の必要性を指摘しています。

詳細については、2022年7月19日付 熊本日日新聞 P.11に掲載されています。ぜひご覧ください。

■カテゴリ: others

長期履修生 松本君のポストカード展を開催中です!

長期履修生 松本君のポストカード展を開催中です!

“SHINJI MATSUMOTO Art Exhibition”と題して

学生ラウンジの一角でポストカード展を開催しています。

 

きっかけは1枚の暑中見舞いのはがきでした。

差出人は松本君。てっきり市販のポストカードだと思いましたが、

本人に聞くと自分で描いた!と。

とても感動しました!!

肢体不自由の松本君が自由に動かすことができるのは首から上。

口にペンをくわえて絵を描きます。

1日1時間、7日間ほど時間を要します。

是非皆さまにも彼の絵を見ていただきたいと思い今回展示会を企画しました。

 

※お気に入りの1枚がありましたら展示会終了後プレゼントいたしますので

学生支援課大塚までお声かけください。

■カテゴリ: others